ミラン指揮官に去就問題浮上 「後任候補3人」に香川、長友を指導した監督の名前も…

写真拡大

序盤戦2敗でモンテッラ監督更迭の噂 伊メディアが後任候補を予想

 ACミランを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、第3節ラツィオ戦(1-4)と第6節サンプドリア戦(0-2)の敗戦により、今後2試合の結果次第での去就問題が浮上している。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、その後任候補として3人の名前を挙げ、そのなかには昨季までドルトムントで日本代表MF香川真司を指導したトーマス・トゥヘル氏の名前も含まれている。

 記事では、有力候補としてかつてインテルで日本代表DF長友佑都を指導したワルテル・マッツァーリ氏の名前を筆頭としている。その根拠として、現在ミランの強化を担当するマルコ・ファッソーネ氏とマッシミリアーノ・ミラベリ氏が、インテルのスタッフ時代にマッツァーリ氏と仕事をした経験を持つためとした。すでに、相互の信頼関係が築き上げられている間柄だけに、障害が少ないとしている。

 また、イタリアで実績を残している指揮官として、昨季までフィオレンティーナを率いたパウロ・ソウザ氏の名前も挙がっている。ソウザ氏は今夏に中国の江蘇蘇寧からのオファーに断りを入れているとし、昨季限りでモンテッラ監督に見切りがつけられていた場合には、ミラン後任監督の有力候補とされていた。フィオレンティーナでは、自身のポルトガル代表時代を彷彿とさせるようなパスサッカーを標榜していたこともあり、現在のメンバーとの親和性が高いとされている。

トゥヘルの目指す攻撃サッカーに好印象か

 その一方で、香川所属のドルトムントを2シーズンにわたって率いたトゥヘル氏も有力な候補になるとされた。ミラン強化部は攻撃的なサッカーを目指す意向があるとされ、ドルトムント時代のチームに好印象を持っており、現在フリーの指導者としては有力な候補になるという。

 ミランは今週末にローマ、翌節にインテルとの“ミラノ・ダービー”に挑む。今季はリーグ戦で4勝2敗と白星が先行しているものの、その2敗が同程度の力を持つ相手から喫したものであり、モンテッラ監督の手腕に疑問符がつけられ始めている。

 昨季終盤に中国資本に株式を売却して潤沢なチャイナ・マネーを獲得し、今夏2億ユーロ(約260億円)規模の大型補強を敢行しただけに、指揮官へ向けられている視線は昨季以上に厳しい。果たしてミランはモンテッラ監督の下で立て直しへの道を進むのか、それとも監督交代の道を歩むのか、今季の行方を大きく左右する2連戦になりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images