アニメ『けものフレンズ』はコンセプトデザインを吉崎観音氏、監督等をたつき氏(以下、たつき監督)が担当し、2017年1月から3月末まで放送されたアニメです。放送後もJRAとコラボをしたり、声優さんが同タイトルのミュージカルにも出演、先日のテレビ朝日・ミュージックステーション特番にも登場するなど、二期に放送に向けて盛り上がりをみせている作品ですが……9月25日、突然Twitter上でたつき監督からスタッフを降板することが明かされました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」
(たつき/irodori (@irodori7) 2017年9月25日20時投稿より引用)

このツイートが流れた直後、各方面から「信じられない」などといった悲しみのツイートが一般アカウントの他、各botなどからも監督降板について呟くなど大きな反響をみせています。

またある声優さんが「のけものはいないんじゃないかな」ということを投稿したところ、ファンから「匿名のフレンズが頑張りますから」「野生解放したフレンズ達が間も無く群として強さを見せてくれますよ&嘆願書」「ここはおっさんに任せちゃってくださいな。」という声が集まっています。

そんな中、たつき監督のツイートから1時間後には署名サイト『change.org』にキャンペーンが立ち上がりました。
署名サイトには脳科学者の茂木健一郎先生が賛同されているほか、24,000人がすでに署名をしています。宛先は「カドカワのみなさん」そして「たつき監督辞めないで!」と書かれた署名には、「私たちけものフレンズの視聴者は戸惑っています。何故たつき監督をスタッフから外すのですか?」という要望を出すもの。

署名をするとFacebookにシェアすることが出来るので、海外などのアニメファンにも署名のことを届けることが出来ます。署名はまもなく目標の25,000に到達します。署名を受け取ったKADOKAWA側からフレンズのみんなに答えがくることを祈りましょう。

※画像は「change.org」署名ページのスクリーンショットです。

(天汐香弓)