公明党と小池氏の関係はどうなるのだろうか(写真:ロイター/Toru Hanai)

9月25日夕方、安倍晋三首相は衆議院解散の意思を明らかにした。ところが同日午後に小池百合子東京都知事が新党「希望の党」の旗揚げを表明したことで、25日夜から26日朝に掛けての報道は「安倍首相と小池都知事」の2人が主役だった。

が、一連の政局報道の陰に隠れている重大事がある。それは、ひとつの小選挙区におよそ2万票あると言われる公明党の票の行方だ。公明党は国政では自民党と連立し、東京都政では小池百合子都知事が事実上率いる都民ファーストの会と連携しているが、ここに来て国政で小池新党「希望の党」が生まれたことで微妙な立ち位置に追い込まれているのだ。

新党は「小池カラー」に

まずは、わずか数日で急前進した「小池新党」について見ておこう。

24日には自民党の福田峰之内閣府副大臣(翌25日自民党を離党し、内閣副大臣も辞任)や「日本のこころ」の中山恭子代表が小池新党への参加を表明。同日夜には細野豪志衆議院議員や若狭勝衆議院議員など、7名の国会議員が会合を開いて意見交換を行っている。ほかにも渡辺喜美元みんなの党代表や河村たかし名古屋市長など、新党参加に意欲を見せる有名人は少なくない。

ところが、25日の会見で小池知事は、「リセット」を強調した。小池知事はシンボルカラーの緑色の字で「希望の党」と書かれたプラカードを掲げ、こう述べた。

「これまで若狭さん、細野さんはじめとする方々が議論してこられましたけれども、リセットいたしまして、私自身がたちあげるということでございまして、直接絡んでいきたいというふうに思っております」

この「リセット」の意味は何なのか。すでに若狭氏や細野氏が綱領などを詰めていたが、それを全面的に廃棄して、「百合子カラ―」に染めるという意味のようだ。


「理想」を掲げた小池都知事(写真:日刊現代/アフロ)

実際に基本政策については、「希望の政治」「希望の社会」「希望の経済」「希望を守る環境エネルギー」と全て「希望」の文字を付け、憲法改正も「希望あふれる日本の礎」と名付けている。おそらく、これらのコピーは全て小池知事のオリジナルなのだろう。いかにも“キャッチコピー先行”の小池知事らしい発想だ。

いよいよ小池知事が国政に進出する。しかしこうした「小池新党」の国政進出を、公明党は歓迎していない。

都議会公明党が提携解消を検討

日経新聞は25日のウェブ版でいちはやく、「都議会公明、都民フとの連携解消検討」と題する記事を配信した。公明党は小池知事が新党の役職に就任すれば、都議会での都民ファーストの会との連携を解消するというものだ。

そもそも都議会公明党は昨年12月、自民党との連携解消を発表している。議員報酬の削減などを巡っての対立が深刻化したからだ。「これまで都議会は自民党との信義の観点でやってきたが、これは完全に崩れたと思っていただいて結構だ」と、東村邦浩都議会公明党幹事長はこの時、強い調子で述べている。

その後、都議会公明党は都民ファーストの会と連携することを発表し、与党宣言を行った。それから1年もたっていないが、今度は小池知事が公明党との信義を破ったということだろうか。

おそらくはそうだったようだ。

細野氏と若狭氏が新党について話し合っていた時に、このような報道があった。「小池新党は東京都内に25ある選挙区全てに候補を擁立する」。確かに25ある選挙区のうち、22の選挙区は“敵”である自民党が占めている。残り3つの区のうち、7区は民進党の長妻昭氏、15区は同党の柿沢未途氏だが、12区には公明党前代表の太田昭宏氏がいるのだ。

よって都下の全選挙区に候補を擁立するとなれば、太田氏の12区にも独自候補を立てるということになる。こんなことを公明党が看過できるはずがない。こうした選挙の細部への配慮が足りない小池新党構想について、「素人同志の寄り合い」と一部で揶揄されるのは、こうしたところの配慮のなさが原因である。

もっとも、この「都内全選挙区擁立説」は細野氏によって否定されている。が、それでも相当の不信感が公明党側に生じていたに違いない。それでもこの時に反応しなかったのは、小池知事の動向に注視していたからだろう。

「(都民ファーストの会との連携解消は)まだ決定していない」。小池知事が「希望の党」代表に就任することを発表した25日夕方、都議会公明党の東村幹事長は筆者の取材に応えてこう述べた。慎重な姿勢を示しているが、事態がもはや引き返せないところまで来ていることがうかがえる。都議会公明党だけの問題ではなくなっているからだ。

「今週中に山口(那津男)代表や井上(義久)幹事長ら党本部と連携して、具体的に対応する予定だ」(東村氏)

実際のところ小池知事の国政関与について、山口代表はかなり不快感を抱いているようである。25日には記者団のぶら下がりに応じ、「都知事としての職務に専念していただきたい」「都知事としての責任をまっとうしていただきたい、ここを厳しく見ていきたい」とはっきりと述べている。

首班指名について「山口さんがいいと思う」

これに危機感を感じたのだろう。25日夜、小池知事はフジテレビの番組に出演し、衆院選挙後の首班指名について「山口那津男(公明党代表)さんがいいと思う」と述べてみせたのだ。これは公明党の離反を止めるために秋波を送ったと解して間違いない。

公明党が連携を解消すれば、次期衆院選を控えてその影響は大きくなる。「小池新党躍進」と分析している選挙調査は、東京都内の公明票が「小池新党」に流れるという前提で行っているからだ。実際にそれを当てにして、新党から出馬を希望した輩も少なくないはずだ。

しかし選挙協力というものはさほど甘くない。「別の政党の候補を支持するかしないかは、その候補が比例区で公明党にどれだけ票が流し込む力を持っているかにかかっている」と公明党関係者は解説する。

ならば選挙区で固定票を持たない落下傘候補などは、およそ眼中にないだろう。ここ数日の公明党の動きに注目が集まる。