マンチェスター・ユナイテッドのサポーター【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはロシア1部CSKAモスクワのホームに乗り込んで対戦する。この試合を前に、ロシア警察がユナイテッドのサポーターに対して注意喚起を行った。25日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 同紙によると、CSKAモスクワ戦にユナイテッドのサポーターは約2000人訪れると予想されているとのこと。その人々に対してロシア警察が、チームカラーのグッズを着用しないこと、注目を集める行動を慎むこと、単独で行動しないことを要求したという。

 2016年6月、フランスで行われたEURO2016のイングランド対ロシアの試合。マルセイユ市内で衝突が起き、多数の負傷者が発生している。試合会場のヴェロドロームに向かう途中で暴動に巻き込まれ、負傷したイングランド人のカップルがいる。彼らの証言によれば「我々の後ろから走ってきて、殴られた。私のフィアンセも数発殴られたんだ。そして、他の友人たちも頭や肋骨を負傷した」とのこと。

 彼らを襲ってきたグループはマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのユニフォームを着ていたという。「ロシア人だと気が付いた。イングランドサポーターの中に溶け込むためにユニフォームを着ていたのは明らかだ」と述べ、手にはマーシャルアーツ用のグローブも着けていたと話していた。このように過去に大きな事件が発生したため、ロシアは警戒態勢に入っているようだ。

text by 編集部