ユルゲン・クロップ監督が会見を途中退席?

写真拡大

 26日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節スパルタク・モスクワ(ロシア)戦の前日会見に出席したリバプールのユルゲン・クロップ監督が、ある記者からの質問にイラっとし、会見を短く済ませたようだ。英『BBC』が伝えている。

 セビージャ(スペイン)との初戦は、DFジョー・ゴメスが退場した影響もあり、2-2で引き分けに終わっていたリバプール。敵地で今季初勝利に意気込むクロップ監督に対してある記者が、「あなたのクラブのどの選手が好きですか」と質問したという。

 これはトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、23日のウエスト・ハム戦で2ゴールを決めたFWハリー・ケインのことを「好きだ」と発言をしたことを受けての質問だった。

 クロップ監督は、「こうやってチャンピオンズリーグの記者会見に出席し、話しているという事実にとても感銘を受けているよ」と話しつつ、「この手の質問についてはまったく理解できないね」とバッサリ。

 さらに続け、「ロシアでの戦いを前にして、こういう質問は重要ではない。それはあくまでイングランドでの話だろう。ポチェッティーノがケインのことを好きなら、私は誰が好きかって?それが質問か?時間の無駄だな」と吐き捨てた。


●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州CL17-18特集