INN THE PARK

写真拡大

 日本初の公園一体型宿泊施設「イン・ザ・パーク(INN THE PARK)」が10月7日、静岡県沼津市に開業する。運営は設計事務所のオープン・エーが務める。
 イン・ザ・パークは「泊まれる公園」をコンセプトに、宿泊、飲食、自然体験アクティビティーの3つの要素を組み合わせた複合施設。今年3月に運営を終了した青少年向け自然体験施設「沼津市立少年自然の家」の跡地を活用し、リノベーションした。
 広さ193平方メートルの宿泊棟は、寝室4部屋と和室1部屋から構成。収容人数は8人で1棟貸切での利用となる。森の中には、定員2人の球体型ドームテントと吊テントを設置。室内にはシングルベッド2台が備え付けられる。料金は宿泊棟は5万円、ドームテントは1万6,000円、吊テントは2万円(いずれも税別)。
 このほか、管理棟として運営されていた建屋内を改修し、サロンとカフェを展開する予定。星空観察、野草・山菜の採取調理、昆虫採集などの自然体験アクティビティーをはじめ、写真教室やヨガ、アロマ、ネイチャークラフトといった地元の有識者や講師を招いたワークショップ、地元生産者と連携したマルシェ、飲食店と連携したケータリングイベント、料理教室などが計画されている。