新加入ウォーカー、元“天敵”アグエロを絶賛「同じチームなのはボーナス」

写真拡大

 今夏、トッテナムからマンチェスター・Cに加入したイングランド代表DFカイル・ウォーカーがチームメイトのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを絶賛した。25日付でイギリス紙『talkSPORT』が報じている。

 一昨シーズン頃から、トッテナムで大きな飛躍を見せ、見事今夏の移籍市場でステップアップを果たしたウォーカーは、ここまでリーグ戦5試合に出場。新天地でも定位置を確保している。

 移籍先ですぐさま適応することに成功したウォーカーは、今シーズンここまでリーグ戦で6得点を挙げ、マンチェスター・Uのベルギー代表FWロメル・ルカク、チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタと並び、得点ランクのトップに立つエース、アグエロを称賛した。

「彼と同じチームでプレーしていることは大きなボーナスだよ。彼は質の高い選手だ。これまでプレミアリーグでやってきたことを見ればわかるね。僕たちが試合でうまくいかない時、得点を決めることで僕たちを再びゲームに戻すことができるプレーヤーだよ」

 2011年にマンチェスター・Cに加入したアグエロは、トッテナムとの対戦で通算9ゴールと無類の強さを誇っている。全所属チームでは“天敵”であっただけに、その能力の高さをより痛感しているのだろうか。