コウチーニョは23日のレスター戦で大活躍。移籍騒動の影響を微塵も感じさせないパフォーマンスを見せた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

輝きを取り戻したコウチーニョ。移籍騒動の影響はなし

 今夏、フィリッペ・コウチーニョの周囲には「移籍」というワードがついて回った。リバプールの10番を背負うブラジル出身のエースは、ネイマールを失ったバルセロナから熱心に誘いを受けていた。一時はクラブに移籍志願書を出したと報じられるまでになったが、結局移籍は実現せず。ゴタゴタの末、イングランドに残ることを決めた25歳は、昨季までの輝きを取り戻し、再びファンから愛される存在になれているのだろうか。(取材・文:松澤浩三)

--

 23日のレスター対リバプールの試合を見て、やはりフィリッペ・コウチーニョは特別なタレントだと再認識した。

 前半15分、リバプールの先制点はコウチーニョの絶妙なクロスから生まれる。左サイドでアルベルト・モレノとワンツー、折り返しで受けたボールを右足で素早くセットアップすると、すかさず右足を振り抜く。鋭いカーブのかかったボールは、ファーサイドへ走りこんだモハメド・サラーの頭にドンピシャリ。

 角度のない位置からしっかりとヘディングシュートを決めたエジプト代表も称賛されて然るべきだが、それ以上にコウチーニョのクロスに感嘆した。蹴る前にほんの一瞬だけ顔を上げ、そこから繰り出した完ぺきなスピードと抜群のコントロールのボールは、目を見張るものだった。

 その8分後。今度は自らのフリーキックで追加点を決める。中央左寄り、ゴールまで25mの位置から右足で放った球足の速いシュートは大きく曲がって、今度は横っ飛びした相手のGKキャスパー・シュマイケルの伸ばした右腕のさらに先をいき、ゴールネットに突き刺さった。

 どちらも最近のプレミアリーグでは残念ながら見かける回数が少なくなった、正真正銘のワールドクラスのプレーだった。とはいえ、コウチーニョの存在感が光ったのは、ゴールとアシストをしたからという安易な理由ではない。

 スペースの見つけ方や間合いの取り方、ボールを持っていないときのクレバーなランニング、ドリブルとパスのタイミングなど、総合的な判断力がピッチにいる誰よりも素晴らしく、図抜けていた。コウチーニョ同様に今夏中の移籍を切望し、一時はバルセロナも注目しているとされたレスターのリヤド・マフレズが、独善的なプレーばかりでことごとくリバプール守備陣に潰されているのとは好対照だった。

 レスターの一員として先発出場して1得点した岡崎慎司も「コウチーニョとか、やっぱりレベルが高い」と脱帽し、『BBC(英国放送協会)』の人気のサッカー番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」で、解説者のダニー・マーフィーも「ファイナルサードで繰り出すボールは非常にデンジャラスだ。だが私が好きなのは、彼の抜群のデシジョン・メイキング(判断力)。どこにでも顔を出すし、コウチーニョがいるリバプールには異なった側面が加わる」と褒め称えた。

「考える時間を少しもらえれば、みんな『家族なんだ』と思い出す」(クロップ)

 しかし、コウチーニョがトップレベルのフットボーラーだというのは、いまさら分かったことではない。素晴らしい選手でなければ、3度にわたるバルセロナからのオファーはなかっただろうし、この夏のような移籍騒動も起きていない。今回編集部から依頼を受けたのは、「ゴタゴタがあったうえで結果的に残留したコウチーニョは、チームやサポーターに受け入れてもらえるのか? そして、輝きを取り戻せるのか?」という内容である。

 結論からいえば、どちらについても答えは「イエス」となる。後者については、すでに述べたとおり。このブラジル代表が非凡な才能の持ち主であることは間違いなく、リーグでもトップクラスの輝きをすでに取り戻していた。それでは前者、つまり問題を起こしたコウチーニョをチームやサポーターは受け入れることができたのか。

 試合前に記者が集うスタジアム内のラウンジで、地元紙『リバプール・エコー』でリバプール番を務めるジェームズ・ピアース記者にサポーターの反応について聞いてみた。

「キミも知ってのとおり、この国のフットボールファンはすぐにものを忘れるからね(笑)。3日前のリーグカップの時も、序盤こそ静かだったが、その後はサポーターたちが声を張り上げてコウチーニョに声援を送った。いいパフォーマンスをしていれば、当然そうなるよね」と、予想どおりの答えが返ってきた。

 この日、最初にコウチーニョコールが起こったのは、前半13分のことだった。その後は幾度にもわたり、リバプールファンたちはスカッドに戻ってきたエースの名前を歌い続けた。これにはユルゲン・クロップ監督も喜んでいた。

「サポーターとフィル・コウチーニョの関係を物語っている。チャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦もそうだった。残り15分、20分くらいで登場して、アンフィールドがどのようなリアクションを見せるか分からなかった。しかし実際はアンフィールドが彼を後押しした。本当にそれを感じることができた」

「だから私はフットボールが大好きなんだ。我々も人間だから、万事が万事に同意するわけではないが、考える時間を少しもらえれば、みんな『家族なんだ』と思い出す。サポーターたちのリアクションは、まさにそれだった。誰もがあの瞬間が大好きで、フィルをサポートした。フットボーラーとしてサッカーに集中し、最高のパフォーマンスを発揮できる環境を与えてくれた」

今季が最後? リバプール退団の可能性は消えず…

 ファンが運営するリバプール専門のニュースサイト『This is Anfield』でも、「試合開始から後半に途中交代するまで、全力を尽くす姿勢なのがわかった。コウチーニョのプレーにはやる気と決意が見受けられた。プレーに興味がなければ、あのパフォーマンスはできない」とポジティブな内容の記事が書かれ、そこに寄せられているコメントの多くも好意的なものだった。

 しかしその一方で、「永遠にリバプールに残ると考えるのは間違っている。来夏にはチームを離れる可能性が高いのだから」と現実的でもあった。前述のピアース記者も、これに同調する。

「バルセロナがはじめから3度目と同額のオファーを出し、より早い段階でアプローチしていたら、そしてリバプールにコウチーニョの代役を確保できる時間的な猶予のある状況でオファーがあったら、おそらく移籍は決まっていた。決まらなかったのは、タイミングが遅すぎたからだ。だから来夏の移籍は十分にあるよ。特にW杯の前に(獲得を)決めたいと考えているクラブは多いだろうから、バルサが早めに動けば、とんとん拍子でいくかもな」

 彼らだけではない。一般的には、リバプールのコウチーニョを見るのは今季が最後になるという見方が多い。もちろんこれはサポーターたちも同様に理解しているが、それでもなお、コップのファンたちはこの25歳を応援し続け、彼の活躍に期待を寄せる。

 果たして、今後もコウチーニョはサポーターの期待に応え続けることができるのか。まず今晩、敵地で行われるCLのスパルタク・モスクワ戦でのプレーにも注目したいところだ。

(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

text by Kozo Matsuzawa / 松澤浩三