“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」

写真拡大

インドのプレミアフットサルリーグに出場 相手ゴレイロも反応し切れない一撃を披露

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドとウェールズ・サッカー界の歴史に名を残した英雄の「黄金の左足」は、43歳となった今も健在だった。

 元ウェールズ代表MFのライアン・ギグスが、インドのプレミアフットサルリーグに出場。CKを豪快なダイレクトボレーで合わせ、華麗にゴールを決めた。英紙「デイリー・メール」は「現役時代がフラッシュバックした」と称賛している。

 ユナイテッドで一時代を築き上げたギグスは、2014年5月に現役引退。同年から古巣のコーチを務めていたが、16年7月にユース時代から29年間携わってきたクラブを離れる決断を下した。その後、新設されたインドのフットサルリーグで現役復帰し、チームを初代王者に導いた。今年もムンバイ・ウォリアーズの一員として参加するなか、22日のチェンナイ・シンガム戦(5-3)で再び輝きを放った。

 3-2とリードして迎えた第3クォーター、右CKのチャンスでギグスは相手ゴール前から遠ざかり、フリーの状態となった。ゴール前はムンバイの選手1人に対して、チェンナイの選手4人。完全にギグスへの意識が薄まったなかで、味方選手がニアに走り込んで相手を引きつける。その瞬間、CKキッカーが中央にふわりとした浮き球を送ると、ギグスが助走をつけて左足を一閃。ボールのあまりの速さに相手ゴレイロ(サッカーで言うGK)も反応し切れず、ゴール右隅に突き刺さった。

クラブが動画公開「我々を唖然とさせた!」

「デイリー・メール」紙では、「マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ライアン・ギグスは、イングランドのプレミアフットサルリーグでのあっと言わせる一撃で過去に浸った」と言及。さらに、「イケてるハーフボレーを決めて、チェンナイのキーパーに絶望を与えた。現役時代がフラッシュバックした」と絶賛した。

 さらに、ウェールズの情報サイト「ウェールズ・オンライン」も、「マンチェスター・ユナイテッドとウェールズのレジェンド、ライアン・ギグスがインドでの素晴らしいゴールで昔に戻った」と見出しを立て、「ギグスはもう一度ブーツ(スパイク)のひもを締め、ムンバイ・ウォリアーズに崇高なボレーを提供する」と報じた。

 ムンバイ・ウォリアーズが公式ツイッターで「レジェンドのライアン・ギグスが、また我々を唖然とさせた!」と動画付きで紹介すると、ギグスもこの投稿をリツイート。ファンからは「なんてフィニッシュだ」といった声が寄せられた。黄金の左足は、43歳となった今も錆びついていないようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ムンバイ・ウォリアーズの公式ツイッターに投稿されたギグスの豪快ダイレクトボレー


ムンバイ・ウォリアーズの公式ツイッターに投稿されたギグスの豪快ダイレクトボレー