国立天文台によると今年の中秋の名月は10月4日。お月見シーズンも近づく2017年9月26日から松屋で「テリヤキ月見ハンバーグ定食」がスタートします。ハンバーグと目玉焼きだけではなくベーコンも追加、さらに上から照り焼きソースがかかったら一体どうなってしまうのか、早速実際に食べて確かめてきました。

テリヤキ月見ハンバーグ定食新発売!|松屋フーズ

https://www.matsuyafoods.co.jp/2017/09/20/3864/

松屋にやってきました。



店頭には「テリヤキ月見ハンバーグ定食」のポスターが飾られていました。2017年9月26日〜10月3日までの1週間は「テリヤキ月見ハンバーグ定食」のライス大盛りがサービスされるとのこと。



券売機で食券を購入。+40円でポテトサラダも追加できるということで、ポテトサラダも追加注文しました。



5分ほどして到着。



「テリヤキ月見ハンバーグ」のお皿をiPhone6と並べたところ。かなりのボリュームを感じます。



短冊状に切られたベーコンも入っていました。テリヤキのたれとよく絡んでいます。



まずは一口。ジューシーなハンバーグに絡みつくテリヤキのたれはかなり甘辛。またベーコンが追い打ちをかけるようにこってり感を演出。味は濃い目なので、ご飯が進みます。



目玉焼きをスプーンで割ると、黄身がとろり。ハンバーグに絡めて食べると、甘辛の濃い味付けが卵の黄身でかなりマイルドになりました。



サラダで舌休め。シャキシャキとしたキャベツのみずみずしさが口の中をさっぱりしてくれます。



ポテトサラダも「テリヤキ月見ハンバーグ」の濃厚な味にマッチ。



もちろん「テリヤキ月見ハンバーグ定食」はお持ち帰りも可能です。ただしみそ汁だけはお持ち帰りできないとのこと。



食欲の秋にご飯がどんどん進む「テリヤキ月見ハンバーグ定食」は単品430円、ライスみそ汁付きで630円で、全国の松屋店舗で2017年9月26日から期間限定で提供されます。