36歳MFバリー、プレミア歴代最多633試合出場…アーセナルも祝福

写真拡大

 プレミアリーグ第6節が25日に行われ、アーセナルとウェスト・ブロムウィッチが対戦。アーセナルが2−0と完封勝利を収めた。

 エミレーツ・スタジアムで行われた一戦で、偉大な記録が樹立された。ウェスト・ブロムウィッチに所属する元イングランド代表MFギャレス・バリーが先発メンバーに名を連ね、フル出場。プレミアリーグ通算633試合目の出場を果たし、歴代最多記録を更新した。

 イギリス紙『デイリーメール』によると、マンチェスター・Uでプレーしていた元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏の記録を上回り、バリーが歴代最多出場選手となった。試合後には対戦相手のアーセナルが「633」というマーキングと選手たちのサインが入ったユニフォームをバリーに贈呈。クラブ公式ツイッターでは「ギャレス・バリー、プレミアリーグ出場記録を祝福します。アーセナルの全員より」と記され、アーセン・ヴェンゲル監督とのツーショットが掲載された。

 バリーは現在36歳。アストン・ヴィラの下部組織からトップチームに昇格し、1997−98シーズンにプレミアリーグ初出場を記録した。2009年にはマンチェスター・Cへ移籍し、2013年からはエヴァートンでプレー。そして今夏の移籍市場でウェスト・ブロムウィッチに加入し、1年契約を結んでいる。

 プレミアリーグ歴代試合出場数、トップ5は以下のとおり(『デイリーメール』掲載)。

1位(633試合)ギャレス・バリー(元イングランド代表MF/ウェスト・ブロムウィッチ所属)
2位(632試合)ライアン・ギグス氏(元ウェールズ代表MF)
3位(609試合)フランク・ランパード氏(元イングランド代表MF)
4位(572試合)デイヴィッド・ジェームス氏(元イングランド代表GK)
5位(535試合)ガリー・スピード氏(元ウェールズ代表MF)

https://twitter.com/Arsenal/status/912434637783339010