新型3008などSUVに注力し、好調なセールスを記録しているというプジョーから新型5008が9月25日に発表、発売されました。

2代目となる新型プジョー5008は、全長4640×全幅1840×全高1650mm、ホイールベースは2840mmというサイズですから、BMW X3(全長4665×全幅1880×全高1675mm)よりも少し小ぶりといったところでしょうか。

新型プジョー5008の見どころは、新型3008と同様にコンセプトやデザインを先代から一新し、プレミアムSUVに変身した点。

「NEW i-Cockpit」をはじめとするインテリア、そして走りやユニークな外観などは新型3008と同じイメージで、3008を拡大して余裕ある室内スペースに独立式の7シーターが配置されています。

プラットフォームは3008と同じ「EMP2」が採用され、グレードは1.6Lの直列4気筒ガソリンターボの「5008 Allure(アリュール)」、2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボの「5008 GT BlueHDi」の2タイプを用意。

見た目そっくりの新型3008と新型5008を比べると、全幅と全高は3008と同等レベルですが、3008よりも165mmロングホイールベース化され、全長も190mmストレッチされています。

フロントオーバーハングからフロントドアまでは新型3008と共通で、ボディ拡張分は、主に2列目シートからラゲッジルームに配分。また、コンパクトかつスポーティなルーフラインの新型3008に対して、リヤエンドまで絞込みの少ない新型5008のルーフラインは、キャビンスペースの広さを期待させます。

セカンドシートは独立3座式でそれぞれ150mmの前後スライドと5段階のリクライニングが可能。荷室容量は5名乗車時で762L(VDA法)に達していて、セカンドシートを畳んだ2名乗車時には1862Lもの広大な容量を確保。助手席のシートバックを倒せば、約3.2mの長尺物の積載にも対応。さらに、サードシート(両側)は取り外すことが可能で、両側ともに取りはずすと約38Lの床下収納が出現します。

スタイリッシュなスタイリングや3008よりも広いキャビン、3列シートSUVというキーワートが揃っていますから、新型プジョー5008も3008同様に人気を集めそうです。気になる車両本体価格は「5008 Allure」が404万円、「5008 GT BlueHDi」が454万円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

適度にタイトで心地のよい運転席と積載性十分な荷室。新型プジョー3008の居住性、積載性をチェック!
https://clicccar.com/2017/06/27/485651/

FFの「都市型系」SUVでも高い悪路走破性を確保する新型プジョー3008
https://clicccar.com/2017/06/26/485368/

新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!
https://clicccar.com/2017/06/26/485631/

キビキビした走りと良好な乗り心地が魅力の新型プジョー3008
https://clicccar.com/2017/06/25/485074/

【新車】3列7人乗りSUVの新型・プジョー5008が発売開始。価格は404万円〜(http://clicccar.com/2017/09/26/515191/)