カカオ サンロクゴ(CACAO365)

写真拡大

 鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「カカオ(ca ca o)」を運営するジャーニーカンパニーが、厳選されたカカオ豆のみを使用したコスメブランド「カカオ サンロクゴ(CACAO365)」の展開を開始する。9月28日からISETAN MiRROR ラスカ茅ヶ崎店で先行販売する。
 同社は、チョコレートの原料であるカカオが、美肌やリラックス、疲労回復などの効果を持つことに着目。「ca ca o」の運営から得た知見を活かし、美容や健康感度の高い20代後半から30代後半の女性をメインターゲットに「カカオ サンロクゴ」を展開する。
 第1弾商品として「カカオバターソープ」(2,160円)や「カカオクリーム」(2,484円)、「カカオバーム」(1,944円)、「カカオスクラブ」(3,240円)といったCOSMEプロダクトライン全4種をラインナップ。10月上旬からはローストカカオニブをドライフルーツとナッツ入りでチョコレートでコーディングした「カカオニブシリーズ」(1,080円〜1,296円)や「カカオバー」(432円)、「カカオグラノーラ」(1,620円/いずれも税込)などのFOODプロダクトライン全4種を販売する。取扱店舗は順次拡大を予定している。