フランスやイタリアでは本当にバンパーで他車を押す

 よく聞くのが「ヨーロッパでは路駐で縦列するときに他車をぶつけて止める」という噂。とくにフランスとイタリアでは当たり前というのだが……確かにそうやって止めているのは事実だ。ちょっとしたキズでも大騒ぎの日本人からすれば、実際に目の当たりにすると、軽いショックすら覚えるほどだ。

 どうしてぶつけるのかというと、理由は単純明解。路駐のスペースを作るため。勢いつけてガツンガツンはしないが、頭を入れたら、軽くゴンとぶつけて前のクルマを押す。そしてなんとかねじ込みつつ、後ろのクルマも押して駐車する。これに対応するために、シフトは入れて(MTがほとんどなので)、サイドは引かないのが流儀だ。

 とはいえ、ぶつけられるのは気分はよくないと思うのだが、実際に現地で聞いたところによると「バンパーはぶつけるためにある。だからバンパーというんだし」という答えが返ってきたし、「日本でそんなことしたら、事故扱いだ」と言い返したら、「おかしい」のひと言で終わってしまったほど。

 確かにそう考えると、バンパーは訳せば衝撃バーで、別に飾りで付いているわけではないとも言えるかも。日本人にはやるにはもちろん、そんな考え方持つこと自体が絶対にありえない。

 そもそも、路駐だらけなのがヨーロッパ。時間貸し駐車場もあるにはあるが、かなり探さないとない。また路駐は違反となるエリアもあるが、ほとんどは違法でなかったりする。これも聞くと「クルマは道路を走るものだから、道路に止めるのも当たり前。そうじゃなかったら不便だろう」とのこと。

 クルマ文化が成熟しているというか、なんというか。ちなみにスマートは小さいので、縦列駐車のクルマの間に縦に止めているのを見るし、歩道に植わっている街路樹と街路樹の間に止めてあったりする。合理的な考え方なのだろうか。