ツインズのブライアン・ドジャー【写真:Getty Images】

写真拡大

ツインズ先頭打者ドジャーがバント→悪送球で15秒で本塁生還…実況&解説は大笑い

 米大リーグでセーフティーバントから、一気に本塁生還する選手が出現。日本の野球ファンにとっては「実写版ぴの」ともいうべき仰天シーンをMLBの動画紹介コーナー「Cut4」が公式ツイッターで紹介し、ファンに驚きが広がっている。

 まるでファミスタの世界から飛び出したかのようだった。衝撃の走塁を見せたのは、ツインズのブライアン・ドジャー内野手だ。

 23日(日本時間24日)のタイガース戦。それも、初回先頭だった。リードオフマンの右打者ジャガーはタイガース先発左腕の2球目、意表を突くセーフティーバントを試みた。しかし、これを懸命に猛ダッシュし、素手で捕球した三塁手カンデラリオの一塁送球が逸れ、右翼ファウルゾーンへ。ドジャーは一塁を蹴って一気に加速した。

 ところが、次の瞬間、異変が起こる。右翼手も二塁手もカバーが遅れていたのだ。ドジャーは二塁も蹴って三塁へ。そして、ボールを捕球できなかった一塁手が自ら捕りに行き、追いつこうとする頃には三塁も回った。驚異的なスピードが落ちることなく、本塁へ突進。最後はヘッドスライディングで突っ込み、悠々と生還を果たした。

生還ドジャーは肩で息しながら照れ笑い…「ぴの」級走塁を米メディアが続々紹介

 記録は内野安打と三塁手の失策(悪送球)。しかし、初回先頭から飛び出した珍プレーに実況も解説も大笑い。生還したドジャー本人も肩で息をしながら照れ笑いを浮かべ、ベンチでチームメートと抱き合っていた。

 衝撃のシーンをMLB公式ツイッターは一部始終を公開。さらに、Cut4はドジャーだけにクローズアップし、ものの15秒間でダイヤモンドを駆け抜けたシーンを、さらに早送りで紹介している。

 バントで本塁生還といえば、日本人ならプロ野球ゲーム「ファミリースタジアム」の超韋駄天キャラクター「ぴの」を思い出す。まさかの画面に米国のファンも驚嘆の声を続々と上げていた。