ワンリパブリック、熱狂の初単独来日公演「今日という日を迎えられて最高だよ!」

写真拡大

ワンリパブリックの初の単独来日公演が9月25日(月)、東京・Zepp Tokyoにて開催された。

◆Zepp Tokyo公演 画像

待ちに待った単独公演とあって、この日のチケットは完売。ライアン・テダー(Vo)を筆頭にメンバーがステージに登場すると、会場は大きな歓声に包まれた。

「ここに来るまで時間がかかったけど、今日という日を迎えられて最高だよ! 最後まで楽しい時間にしよう!」とライアンの呼びかけで幕を開けたライブでは、最新アルバム『オー・マイ・マイ』から「キッズ」「ホエアエバー・アイ・ゴー」などのヒット曲が余すことなく披露された。

ライアンはエレキギター、アコースティックギター、ピアノと楽器を次々とチェンジしながら、ステージ上を所狭しと動き回るアグレッシブなパフォーマンスでファンを魅了し、最後は「また日本に帰ってくるよ!」と言い残してステージを後にした。

『オー・マイ・マイ』を携えて北米、アジア各地を回った<2017 Honda Civic Tour>は、明日9月27日、中国・上海にて最終日を迎える予定となっている。

Photos by Mitsuhiro Gondai

関連リンク
◆ワンリパブリック レーベル・サイト
◆ワンリパブリック オフィシャル・サイト