【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関の国家情報院(国情院)は26日、国会情報委員会の懇談会で、米戦略爆撃機B1Bが23日に北朝鮮東沖の国際空域を飛行した際、北朝鮮は何の対応措置も取らなかったと明らかにした。同委委員長の李チョル雨(イ・チョルウ)議員(自由韓国党)が伝えた。

 李氏によると、国情院は「(B1Bの飛行が)夜中ごろで北は全く予想もできず、措置を取れなかったようだ」「北は後から航空機を移動させ、東海岸(の防衛)を強化した」と報告したという。また、これと関連し米軍側は「北朝鮮が(飛行の事実を)知らないようなので、B1Bのルートを公開した」と話したとされる。

 国情院はさらに、南北軍事境界線に接する非武装地帯(DMZ)と関連した北朝鮮の措置を問われ「北もまず報告、後から措置という指示を出しているようだ。偶発的な挑発や衝突が起きないよう注意している」と報告したという。