「TAIYO」

株式会社大塚家具は、オリエンタルカーペット株式会社が製造する山形緞通デザイナーラインの最新作「TAIYO」を、2017年10月19日(木)から先行販売することを発表した。山形緞通デザイナーラインは著名なデザイナーとのコラボレーションによって生まれた絨毯コレクションで、今回の「TAIYO」はクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏(SAMURAI)がデザインした作品。新宿ショールームを皮切りに、大塚家具7店舗での展示販売が開始される。

山形緞通デザイナーラインでは、これまでにも工業デザイナーの奥山清行氏がデザインした「UMI」や、建築家の隈研吾氏による「KOKE」を発表し、国内外で高く評価されてきた。今回、佐藤可士和氏が手掛けた「TAIYO」は、“宇宙の神秘、無限のパワーを感じる皆既日食の太陽”を表現。ブラック / ネイビー / レッドの3色をベースに、シンプルでアイコニックなグラフィックがデザインされている。

メーカー希望小売価格は、140×200cmサイズが各42万円(税抜)で、200×200cmサイズが各60万円(税抜)。大塚家具の7店舗での先行販売は、40年間にわたり取り扱いを実施している同社とオリエンタルカーペット株式会社との関係から合意に至った。10月19日(木)からスタートする新宿ショールームのほか、11月11日(土)に大阪南港ショールーム、11月20日(月)に有明本社 / 横浜みなとみらい / 名古屋栄 / 福岡 / 仙台ショールームでの展示販売が開始される。

株式会社大塚家具
URL:http://www.idc-otsuka.jp/
2017/09/26