「東京ゲームショウ2017」総来場者数は25万4,311人に

写真拡大 (全2枚)

「東京ゲームショウ2017」を主催するコンピュータエンターテインメント協会は、2017年9月21日(木)から24日(日)まで開催された同イベントの会期4日間の総来場者数は25万4,311人となったと発表した。

「さあ、現実を超えた体験へ。」をテーマに開催した東京ゲームショウ2017は、過去最多に迫る609企業・団体(うち海外317)が出展し、家庭用ゲーム、スマートフォン、PCなど、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表され、かつてない盛り上がりとなった。

とりわけ、今年リニューアルされたe-Sportsの競技大会「e-Sports X(クロス)」には、国内だけでなく海外からの来場者や報道関係者も目立つなど、注目を集めた。基調講演でも「日本におけるe-Sportsの可能性」をテーマに激論が交わされるなど、e-Sportsがひとつのムーブメントとして盛り上がりつつあることを印象付けた。

また、会期中はBtoBの商談も活発に行われた。ビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」に登録した企業は1,250社で、昨年の1,149社を上回った。世界に向けて最新の情報を発信する国際的な展示会として、ゲームビジネスにおけるハブとしての役割がより重要になっていることを示す結果となったと同協会。

来年の「東京ゲームショウ」は、2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、幕張メッセで開催する予定だ。

■東京ゲームショウ2017

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「東京ゲームショウ2017」が開幕
・「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」2017年10月14日(土)より新価格4万4,980円で発売
・CyberZ、10〜60代1,200名に「eスポーツ」ユーザー認知調査を実施
・LINEアプリ内の「ニュースタブ」を刷新。天気や占い、鉄道の運行情報などを新設
・「駅メモ!」ボイスキャストに代々木アニメーション学院 ×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE」を起用