【キャット・インストラクターに学ぶ】猫との暮らしの始め方〜信頼関係編〜

写真拡大 (全3枚)

「猫を飼う際、注意すべきことは? 用意した方が良いものは?」
日本で唯一のキャット・インストラクター、坂崎清歌さんに猫との暮らし方のコツを聞いた。今回は猫と遊んで信頼関係を築こう

「猫との暮らしの始め方〜健康編〜」では猫の健康を保つための日々の工夫について紹介した。

今回は猫との信頼関係の築き方をレクチャーしていこうと思う。猫との遊びは飼い主にとっても楽しい時間。せっかくなら、ただ遊ぶだけでなく、猫の本能を満たしてしつけにもなる正しい遊び方をして、信頼関係を築こう。

ポイント1☆全力で獲物の演技をする

ねこじゃらしで遊んでストレスと運動不測を発散

猫を上手く遊ばせるコツは、狩りの本能をくすぐること。しっかり遊ばせることは、運動不足の解消にもつながる。

「猫は賢い動物なので、中途半端に構っても遊んでくれません。おもちゃを使う時も、漠然と動かすのではなく、不規則に動かすことで生き物の動きを再現してください。ルアーフィッシングで魚を釣るような気持ちでやってみると良いかもしれません」(坂崎さん)

ポイント2☆猫との間にルールを作る

おすわりをするおりこうさんな猫

猫は芸を覚えないと思われがちだが、それは間違い。

「クリッカートレーニング」(※)という手法で猫と飼い主の間にルールを作れば、お手やハイタッチなどができるようになる。

「トレーニングを通して猫とコミュニケーションが取れるようになっていくと、ブラッシングや爪切りの際におとなしくしてもらえ、次のトレーニングにもつながるのです。また、トレーニングによって、クルマでの移動のように猫が嫌がりがちなシチュエーションでも、ストレスを最小限に抑えてあげられます」(坂崎さん)

(※)クリッカートレーニングとは
クリッカーという道具で音を鳴らしてオヤツを与え、「クリッカーの音=褒められる時の音」という条件付けをする。
その後、飼い主が求める行動をした時にタイミング良くクリッカーを鳴らすことで、その行動を繰り返すようになるというトレーニング法。クリッカーの音は、舌を使って出す「コン」という高音で代用できる。

みなさん、【キャット・インストラクターに学ぶ】猫との暮らしの始め方〜信頼関係編〜はいかがでしたでしょうか。この記事読んで、猫との信頼関係を築いて毎日を楽しもう☆

教えてくれた人:坂崎清歌さん(キャット・インストラクター)
猫とのコミュニケーション、健康管理、QOLの向上、ストレス軽減を目的としたトレーニングなどを提案する教室「Happy Cat」を主催している。「より良い猫との暮らし方・入門講座」を毎月開催。詳細はHPにて!

ペット可・ペット相談可の賃貸物件はこちら!
https://www.chintai.net/feature/pet/

文=林田孝司
写真=阿部昌也/尾形和美

※「CHINTAI2017年4月6日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています。
※雑誌「CHINTAI」2017年9月23日発売号の特集は「コンビニちょい足しアレンジレシピ」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/