井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

元プロボクサーの英解説者が「モンスター」を称賛「イノウエはセンセーショナル」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座で6度目の防衛を果たした井上尚弥(大橋)。注目は次戦のマッチメークに注がれているが、IBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、WBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、元IBF王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)ら実力者揃いの軽量級で、英国の解説者は「イノウエはセンセーショナル」「この階級のスターになるだろう」と称賛している。海外ボクシング専門メディア「ワールドボクシングニュース」が報じている。

 スーパーフライ級は「ロマゴン」こと、ニカラグアの英雄ゴンザレスが今月、リベンジを期して挑んだリマッチでソールンビサイに返り討ちに遭ったことで、パワーバランスが激変したという。

「最初の1戦目は僅差に思えた。どちらが勝ってもおかしくなかった。ゴンザレスは力強くフィニッシュしていた。第1ラウンドのダウンが痛手になったが、2試合目は彼が勝つと思った。敗北が彼を蘇らせると思った」

 こう語ったのは英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説者を務めている元プロボクサーのスペンサー・オリバー氏だった。だが、ゴンザレスにはKO負けという悲運が待ち受けていた。

「私だけではない。誰にも驚きだった。まだ戦えるかもしれないが、すでに峠を過ぎたファイターだ。正直、言えば終わったかもしれない。3戦前には彼のことをパウンド・フォー・パウンドで最強という話題をしていたのに」

新たな時代の幕開けへ…「スーパーフライ級はイノウエとヤファイの到来で輝いている」

 オリバー氏はこう語った。米ボクシング誌「ザ・リング」が全17カテゴリーのボクサーを比較する「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の格付けで頂点に君臨する声も上がるほどだったが、時代は終わりを迎えたという。そして、軽量級には新たな時代がやってきたという。それは「The Monster」の時代だ。

 記事では「スーパーフライ級はWBO王者のナオヤ・イノウエと英国のIBF王者カリッド・ヤファイの到来で輝いている」と指摘。そして、オリバー氏は井上について、このように絶賛する。

「イノウエはセンセーショナルに見える。この階級のスターとなるかもしれない」

 井上とヤファイの2人については「彼らはハードな打ち合いをする。スーパーフライ級は突如として盛り上がってきた。カル(ヤファイ)も偉大なファイターになった。彼らが偉大なので、(相乗効果で)より偉大なファイターになれるんだ。5、6人もワールドクラスのファイターがいることなんて近年めったにない。彼らは望むなら五分五分の戦いを展開するだろう。大金も稼げる。巨大なスターになるだろう」とまで評している。

 アメリカ初上陸となったアントニオ・ニエベス(米国)戦で衝撃の6回TKO勝ちを収めた井上。世界中で「時代の覇者」という期待の声が高まりを見せている。