イ・スンウが伊デビューを果たした

写真拡大

FCバルセロナの下部組織に所属していた韓国人FWイ・スンウは最終的にセリエAでデビューした。ヴェローナの選手としてセリエAの公式戦(対ラツィオ戦)に出場したイ・スンウはSNSを通じて満足を表明した。

ヴェローナはラツィオに0-3で敗れてしまったものの、この試合はイ・スンウにとって忘れがたい思い出になるだろう。スンウはMFマッティア・ヴァローティに変わり試合71分に投入され、残りの17分間プレーした。

試合後にスンウはSNSを通じて以下のメッセージを送っている。
「セリエAでのデビューに満足している。結果は残念だが、我々は今後も努力していく!」イ・スンウがデビューしたヴェローナの現状は厳しく、第6節目を迎える現在まだ一度も勝利を経験していない。