25日、新京報は、中国スマートフォン大手小米科技の社員が河南省であった採用説明会で日本語専攻の学生に対して差別発言をした問題で、「低俗な発言を面白がるべきではない」とする記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年9月25日、新京報は、中国スマートフォン大手小米科技(シャオミー)の社員が河南省であった採用説明会で日本語専攻の学生に対して差別発言をした問題で、「低俗な発言を面白がるべきではない」とする記事を掲載した。以下はその概要。

小米は「技術と量」のインターネット企業とされているが、人間の素養は軽視している。採用説明会で小米の担当者が「ドラマを作る仕事でも紹介してあげよう」と話し、その場にいた200人以上の学生が爆笑した。みな「ドラマ」が暗にアダルトビデオを指すことを知っていたに違いない。

日本語を専攻する学生は中国人であり、蔑視される理由はない。まさか小米は日本事業を拡大する気がないのではあるまい。学生たちときちんとやり取りし、企業のルールを説明することが可能なのか。日本語を専攻する学生を採用しない理由を説明するにせよ、小米の担当者は最悪の方法を選んだ。低俗で時間や場所も考えない発言ではないか。

日本語専攻の学生は必要ない、中国の東北地方出身者は必要ない、乙女座の学生は必要ない…就職差別がちまたにあふれている。学生に人気のネット企業における就職差別も議論の的になっている。業界関係者は自分たちを買いかぶっているのではないか。「技術と量」を自慢する企業は、人間の素養は軽視しているようだ。(翻訳・編集/大宮)