ドルトムントがCL王者レアルを迎え撃つ大一番! 香川はベンチスタート濃厚か

写真拡大

2季連続GSで激突する両者 クラブ公式の予想スタメンはボルシアMG戦から4人変更

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間26日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節で2連覇中の王者レアル・マドリードと本拠地で対戦する。

 香川は現地の予想で、ベンチスタートが濃厚と見られている。

 ドルトムントは第1節でトットナムに1-3で敗れる黒星スタートとなった。強豪揃いのグループを勝ち抜くために連敗は避けたいところで、早くも大一番を迎える。グループステージで2シーズン連続の顔合わせとなる一戦に向けてチケットは完売。大観衆が駆けつける本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで、王者を迎え撃つ。

 クラブ公式サイトが発表した予想先発イレブンは、GKビュルキ、DFピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、トルヤン、MFシャヒン、カストロ、ゲッツェ、FWヤルモレンコ、オーバメヤン、フィリップ。6-1で快勝した23日のリーグ戦・ボルシアMG戦から4人が入れ替わると予想されている。

 ドイツ誌「キッカー」も、中盤にカストロではなくダフードとした点以外は同じ構成となっている。トットナム戦では今季公式戦初先発を果たし、アシストも決めた香川だが、いずれもベンチに控えるという予想になった。

レアルはロナウドとベイルの2トップと予想

 対するレアル・マドリードはGKナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ラモス、ナチョ、MFカゼミーロ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWベイル、ロナウドという11人が予想先発に名を連ねている。

 レアルはリーグ戦では3勝2分1敗で現在6位と出だしで躓いているものの、圧倒的な戦力を誇ることに変わりはない。ブンデスリーガで首位を快走するドルトムントは、“白い巨人”を攻略することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images