北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソニ)北米局長らがモスクワ訪問のため、25日に平壌を出発した。朝鮮中央通信が伝えた。

7月に訪朝したロシア外務省のオレグ・ブルミストロフ巡回大使の招待によるもの。朝鮮半島情勢についても話し合うとみられる。

ロシアはかねてから、北朝鮮の核兵器開発と米韓合同軍事演習の両方を中止するよう求めるなど、対話による解決を主張している。