マンCが5発圧勝で首位浮上…岡崎は早くも今季3点目/プレミア第6節

写真拡大

 プレミアリーグ第6節が23日から25日にかけて各地で行われた。

 4勝1分けと好スタートを切ったマンチェスター・Uは、敵地でサウサンプトンに1−0と完封勝利。ベルギー代表FWロメル・ルカクが挙げたゴールを守り切って勝ち点3を獲得した。なお、サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也はフル出場を果たしている。

 マンチェスター・Uと同じく勝ち点「13」のマンチェスター・Cは、ホームでクリスタル・パレスに5−0と圧勝。6試合で21得点2失点と盤石の数字を残し、得失点差でマンチェスター・Uを上回って首位に浮上した。

 昨シーズンの王者チェルシーは、敵地でストークに4−0と快勝。スペイン代表FWアルバロ・モラタがハットトリックの活躍を見せ、勝利の立役者となった。

 日本代表FW岡崎慎司のレスターは、リヴァプールに2−3と競り負けた。先発出場した岡崎は48分、1−2と1点差に迫るゴールを決めている。岡崎は今シーズン3得点目で、早くも昨シーズンの記録に並んだ。

 プレミアリーグ第6節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグ第6節結果

ウェストハム 2−3 トッテナム
バーンリー 0−0 ハダースフィールド
エヴァートン 2−1 ボーンマス
マンチェスター・C 5−0 クリスタル・パレス
サウサンプトン 0−1 マンチェスター・U
ストーク 0−4 チェルシー
スウォンジー 1−2 ワトフォード
レスター 2−3 リヴァプール
ブライトン 1−0 ニューカッスル
アーセナル 2−0 ウェスト・ブロムウィッチ

■プレミアリーグ第6節順位

1位 マンチェスター・C(勝ち点16)
2位 マンチェスター・U(勝ち点16)
3位 チェルシー(勝ち点13)
4位 トッテナム(勝ち点11)
===========CL===========
5位 リヴァプール(勝ち点11)
===========EL===========
6位 ワトフォード(勝ち点11)
7位 アーセナル(勝ち点10)
8位 ハダースフィールド(勝ち点9)
9位 ニューカッスル(勝ち点9)
9位 バーンリー(勝ち点9)
11位 サウサンプトン(勝ち点8)
12位 ウェスト・ブロムウィッチ(勝ち点8)
13位 ブライトン(勝ち点7)
14位 エヴァートン(勝ち点7)
15位 スウォンジー(勝ち点5)
16位 ストーク(勝ち点4)
17位 レスター(勝ち点4)
===========降格==========
18位 ウェストハム(勝ち点4)
19位 ボーンマス(勝ち点3)
20位 クリスタル・パレス(勝ち点0)