羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

まさかの失速…Vフェルナンデス母国スペインは「膝の違和感」と原因を冷静分析

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリオール)で2位になった羽生結弦(ANA)。ショートプログラム(SP)で世界歴代最高得点を更新し、首位に立ちながら、フリーはミスが続き、得点を伸ばせず。ハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許した。フェルナンデスの母国、スペインメディアは2年ぶりに「SEIMEI」を再演したフリーについて「氷上の戦士たらしめた曲に立ち返った」と評した一方、失速については「膝の違和感が影響していた可能性は高い」と分析している。

「ハビエル・フェルナンデスがオータム・クラシック優勝のシナリオを作り直す」と特集したのはスペイン地元紙「マルカ」だった。

 同じトロントの練習場でブライアン・オーサーコーチに師事する好敵手、フェルナンデスの母国メディアにとっても羽生の失速は予想外だったようだ。

「今季最初の大会となったオータム・クラシックで現在の五輪王者と世界王者の日本人、ユヅル・ハニュウが興味深い不振を迎えている。ハニュウはショートプログラムで世界記録を破り、スペイン人よりも11.5点リードという十分なスタートを飾った」

2年ぶりの再演で期待大のフリー「最も高名な演技で氷上の戦士たらしめた『SEIMEI』」

 このように記し、SPで112.72点という驚異の世界歴代最高点を記録したことを紹介。フリーについては「彼の最も高名な演技で彼を氷上の戦士とたらしめた『SEIMEI』に立ち返った。野心的なプログラムを心に秘めていた」と2年ぶりに再演したナンバーに高い期待感を持っていたが、ジャンプで乱れを見せた。

 不発の理由については怪我の懸念を示している。

「彼の膝の違和感が低い得点に影響を与える可能性は高い」と右膝が不発の原因となったのでは分析。逆に言えば、世界を魅了した伝説のナンバーで、状態さえ万全なら本来の力で再び魅了する演技ができるという実力を認めている証しでもあるだろう。

 SPでは世界新を記録したように、王者が底知れぬ力を秘めているのは誰もが認めるところ。平昌五輪を控える今シーズン、膝の問題をクリアし、本来の羽生結弦の復活を期待したい。