アストロスケールの岡田光信CEO(左)と田原総一朗氏。

写真拡大

2017年7月、ANAホールディングスなどが約28億円の出資を決めたベンチャー企業がある。取り組む事業は「宇宙ゴミ」の回収だ。ほかに「宇宙ゴミ」の回収をビジネスとしている企業はどこにもない。どんなビジネスモデルなのか。ハーバード大学の授業でも取り上げられた発想法に、田原総一朗氏が迫る――。

■毛利衛にもらった人生を変えた一言

【田原】岡田さんが宇宙に興味を持ったきっかけは、高1で参加したNASAのスペースキャンプだったそうですね。どんなキャンプですか。

【岡田】定期購読していた科学雑誌の「ニュートン(Newton)」に、宇宙飛行士の疑似体験ができるプログラムへの募集記事が載っていて、すぐに応募しました。これがけっこう本格的で、本物の管制局でスペースシャトルが飛んでから下りるところまでのシミュレーションであったり、無重力をつくり出す機械装置に入って姿勢を保つ練習を経験しました。

【田原】宇宙飛行士の毛利衛さんと会ったとか。

【岡田】はい、直接お話しさせていただきました。そのときもらった「宇宙は君達の活躍するところ」という手書きのメッセージは私の宝物。宇宙は国がやるものと思い込んでいましたが、自分がやってもいいんだと、遠く小さい光が見えた気がしました。

【田原】岡田さんは中学生のころ落ちこぼれだったのに、そこから猛勉強したそうですね。NASAのエンジニアになろうと思ったんですか?

【岡田】NASAのエンジニアになろうとしたわけではないのですが、片手に分厚いファイルを持ち、もう片手にコーラを持って颯爽と歩く姿がカッコよくて、猛勉強すればああなれるのかなと。帰国後は、学校から帰って毎日10時間勉強するようになりました。当時は睡眠時間が1日4時間ほどだったと思います。

【田原】その結果、模試で全国1位になった。

【岡田】はい。高校3年生最初の模試でした。でも、それは受験勉強で一番になったというだけですから。

■大蔵省から米国のマッキンゼーへ

【田原】進学先は東大農学部。どうして宇宙ではなく農学なんですか?

【岡田】じつは環境問題にも興味を持っていました。大学時代は酸性雨の調査であらゆるところの雨をペーハーセンサーで測ったり、学校の食堂の割り箸をすべて竹箸に変える運動をしていました。地球の環境問題を解決するなら、やはり農学部かなと。

【田原】ところが、大学院の修士課程を中退して大蔵省(現財務省)に。どうしてですか?

【岡田】アカデミアの世界で環境問題に取り組んでいましたが、解決を目指すなら政策に影響を与えられる立場になろうと、途中から国家公務員の法律職を目指しました。

【田原】入省後はアメリカのビジネススクールに留学しますね。向こうでどんな刺激を受けましたか。

【岡田】主計局で3年働いた後、国費留学プロジェクトでMBAを取りにいきました。当時のアメリカはいわゆるドットコムブーム。MBAのクラスメートが「起業する」と毎週2〜3人がやめていく状況でした。学生が2億〜3億円を調達してビジネスを始めてしまう。そのダイナミックさには心底驚きました。自分もその世界に身を置きたくなって、大蔵省に退職届を出し、留学費用はお返しして、私費留学に切り替えました。

【田原】卒業後は米国のマッキンゼーに就職します。

【岡田】本当は起業したかったんです。でも、2000年春にドットコムバブルが弾けてナスダックが暴落。多くのファンドがなくなってベンチャーをやる選択肢はなくなりました。当時は大変でしたね。株を運用して学費を払っていたクラスメートたちは学校をやめざるをえなくなったし、就職しようにも就職口がなかった。私は22社受けて、かろうじて2社受かった。その1つがマッキンゼーでした。マッキンゼーでは、ハイテク関係の製造業や製薬業のコンサルティングを担当していました。

【田原】その後、独立してIT企業をつくった。

【岡田】正確にいうと、創業10年くらいの赤字IT企業に入って立て直しをしました。リナックスというオープンソースのOSをより使いやすいものにして、サーバーやパソコンの会社に販売する会社です。うまくいって、上場までこぎつけました。

【田原】それから?

【岡田】こんどはゼロから会社を立ち上げました。シンガポールに本社を置いて、インド、インドネシア、中国、日本で事業を展開しました。

■大型バスぐらいのゴミが飛んでいる

【田原】13年に宇宙ゴミを除去するアストロスケールを立ち上げます。

【岡田】12年に39歳になり、ミッドクライシス(中年の危機)といいますか、40代に何をすればいいのかと悩みました。そのとき思い出したのが、15歳のころ抱いていた宇宙への関心です。とりあえず欧米や日本で開かれていた宇宙関連の学会に参加したところ、どの学会でも宇宙ゴミの問題が長く議論されていました。

【田原】学会で議論されているということは、宇宙ゴミについてみんな危機感はあるわけですか。

【岡田】はい。ただ、学会には世界中の宇宙ゴミの専門家が集まっているのに、みなさんリサーチやシミュレーションしか発表しない。IT業界ではソリューションを提案しないとプレゼンとして認めてもらえないのに、学会では誰もソリューションを出していなかった。その様子を見て、ならば自分が取り組もうと。

【田原】そもそも宇宙ゴミはどうして問題なんですか。

【岡田】09年にアメリカとロシアの衛星が衝突しました。それまで宇宙業界は広い宇宙で衛星同士がぶつかることを信じていませんでしたが、実際に事故が起きた。では、衝突でできた破片はどうなるのか。宇宙ゴミとして秒速7〜8キロ、ものによっては弾丸の約40倍の速さで地球のまわりをグルグル飛んでいます。衛星にぶつかると爆発させるくらいの力です。その結果、連鎖衝突が起きて宇宙ゴミがどんどん増えて、宇宙の持続的な利用が危ぶまれています。

【田原】いま数はどのぐらいですか?

【岡田】1センチ以上のものが75万個、10センチ以上は2万3000個といわれています。なかにはもっと大きなサイズもあって、大型バスみたいな宇宙ゴミはいま20個くらい飛んでいます。

【田原】岡田さんがやるまで、宇宙ゴミの除去事業をやっている会社はなかったんですよね。

【岡田】ないです。いまも私たち1社だけ。やろうとしたときも、みんなに反対されました。

■地球を3周してみつけた解決策

【田原】どうして反対するんですか?

【岡田】理由はいくつかあります。真っ先にあがるのは技術的なこと。空中で飛行機をつかまえるのも難しいのに、その20倍の速さで飛んでいる宇宙ゴミをどうつかまえるのかと。

【田原】たしかに。実際、どうやってつかまえるのですか。

【岡田】スピードについては、捕獲衛星を速くしてゴミに近づいていけば相対速度をゼロにできるので問題ありません。厄介なのは、何を使って捕獲するか。当時、みんなが考えていたのはロボットアームやネットなどです。でも、それぞれ問題が。宇宙は無重力なので、アームを動かすと重心が変わって本体が回転するし、つかみ損ねて破片に当てると、スーッと飛んでいってしまいます。ネットをかけてキャッチするというアイデアでは、金属製の紐でネットを引っ張る必要がありますが、宇宙空間では力が減衰しないので難しい。1回振動を始めるとずっと振動し続けて、やがてプチンと切れてしまうおそれもあります。

【田原】じゃ、どうするんですか。

【岡田】いろいろ仮説をつくって、世界中の専門家に意見を聞き、仮説を練り上げていきました。専門家に会うために、たぶん地球を3周はしたかな。その結果、ものになりそうなのが粘着剤でつかまえる方法でした。

【田原】粘着剤?

【岡田】粘着式のゴキブリ駆除剤は、ゴキブリが入ったらベトッとまとわりついて動けなくなりますよね。あの応用です。アームのような機械系は数10キロの重量があるので打ち上げなどのコストが高くつきます。ただ、粘着剤なら100グラム程度でいい。ちょっと触れただけでくっつくので、アームのようにつかみ損ねる心配もいりません。

【田原】そんなに便利なら、どうしていままで誰も考えなかったんだろう。

【岡田】宇宙は真空なので粘着剤は蒸発すると考えられてきたんです。でも、よく調べてみると、粘着剤は高分子同士でくっついているので蒸発しないことがわかった。宇宙のエンジニアは電気工学や機械工学に強いのですが、化学の観点から考えると新しい発見がありました。

【田原】粘着剤はどうやってつくるのですか。

【岡田】毎回同じクオリティにしなくてはいけないので、つくってくれる人を探しました。大手の化学メーカーには断られ、最終的にはある日本の中小企業さんにお手伝いいただきました。

【田原】つくるところまでいったんだ。

【岡田】はい。ただ、いまは磁石で捕獲する方法を検討しています。磁石なら少しずれても再トライしやすいので。

【田原】つかまえた破片はどうしますか。地球に持って帰る?

【岡田】大気圏に落として燃やします。

■10億円以下で実現させたい

【田原】技術的なことはわかりました。でも、ビジネスの問題が残りますね。誰が宇宙ゴミの掃除にお金を出すのかという問題です。

【岡田】ご指摘のとおり、いまのところ宇宙ゴミ除去の市場はありません。ただ、じつはいまいくつかの企業が宇宙上にインターネット網をつくろうとしています。宇宙に数千の衛星を打ち上げて空から電波を送らせ、一気に新しいインターネット網を構築しようというのです。具体的にはボーイングは3000基以上、スペースXは4400基、サムスンは4600基、ソフトバンクグループが出資するワンウェブは900基の衛星を打ち上げる予定です。

【田原】それがお金になる?

【岡田】衛星は一定の割合で壊れます。1000基打ち上げたら数十基はデブリ(宇宙ゴミ)になる。そのままではインターネット網に穴ができるので代替機を飛ばしますが、そのためにはまず壊れた衛星を除去する必要があります。そこで企業が私たちのお客さんになるわけです。

【田原】なるほど。つかまえるのは、1回に1個ですか。

【岡田】はい。大きな宇宙船をつくって移動させながら1個ずつ獲っていくより、小さな捕獲衛星を打ち上げて1回1個のほうがコストを抑えられます。具体的な額はまだいえませんが、10億円を切る額にしたいです。

【田原】そんなに安くできますか。

【岡田】衛星を小型化しているので、お客様の衛星を打ち上げるときに一緒に横に乗っていく「相乗り」が可能です。そうすればコストを抑えられます。

■ANA副社長「次は宇宙事業だ」

【田原】もう打ち上げられますか?

【岡田】最初の衛星を17年末から18年頭にロシアから打ち上げます。最初の衛星は、1ミリ以下の微小な破片を計測する観測衛星です。微小な破片は多すぎて除去しきれないので、ぶつかっても壊れないように将来打ち上げる機械の設計に反映させるほうがいい。微小なデブリは各機関でデータにバラつきがあるのが現状です。きちんと密度を測ることで、より精度の高いデブリの分布図をつくり防護計画に役立てることが可能になります。

【田原】除去衛星はまだ先ですか。

【岡田】いま並行してつくっていて、こちらは19年前半に打ち上げる予定です。

【田原】アストロスケールはANAホールディングスなどから出資を受けました。ANAの目的は何でしょう。

【岡田】副社長は「航空事業はあと10年でやり切る。次は宇宙事業だ」と話していました。

【田原】ANAは宇宙ロケットの定期便をやりたいということですか?

【岡田】本当のところはANAさんに聞いてもらったほうがいいですが、一般論としてはそうでしょう。宇宙業界は航空業界の50〜60年後を追っています。ライト兄弟が初めて空を飛んだのが1903年で、スプートニクという旧ソ連の衛星が初めて飛んだのが57年。飛行機は2つの世界大戦を経て進化して、終戦時には複数の国が飛行技術を持っていました。ロケットも同じで、米ソの宇宙開発競争と冷戦を経て技術が伸び、冷戦終了時には複数の国が技術を持っていました。宇宙の定期便も、いずれ飛行機のように定着するはずです。

【田原】宇宙開発競争は懐かしいですね。アームストロングが月面を歩いたのは69年。関係ない話かもしれませんが、アメリカはどうしてあれ以降、月に行かないんだろう。

【岡田】おお、月の話になりましたか。じつは月への有人飛行も宇宙ゴミと関係あるんです。

【田原】どういうこと?

【岡田】宇宙ゴミは高度600〜1000キロに固まっています。人工衛星は地球に近いほうが解像度が上がりますが、近すぎると大気の摩擦でスピードが落ちるので、この高さに集中しているわけです。月に行くにはゴミの帯を突き抜ける必要がありますが、衝突して事故になるリスクがあるので、有人飛行が許されなくなったともいわれています。いま飛んでいる国際宇宙ステーションやスペースシャトルは、すべて帯の内側。最後に帯を抜けて人が飛んだのは、72年のアポロ17号が最後です。

【田原】宇宙ゴミが壁になっているんですね。

【岡田】宇宙業界の人は自分たちが出したゴミのせいで行けないとはあまりいいませんが、そうした説もあります。いつか地球の周りのゴミを一掃して、ふたたび人類が安全に月に行けるようにしたい。それが私の夢です。

■岡田社長から田原さんへの質問

Q.イノベーションの要、理系進学率を高めるには?

最近の若い人はSTEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マテマティクス)嫌いだそうですね。ただ、かくいう僕も苦手。

問題は、子どもを理系嫌いにさせる教育システムにある。小3のころ、円を3等分しろという問題が出て紙を細かくちぎって3つに分けたら、先生からこっぴどく叱られました。のちに広中平祐さん(数学者)から「それは微分のやり方で、数学的に正しい」と教えてもらいましたが、先生は1つのやり方以外認めなかった。日本の教育システムにはそうした融通の利かなさがあって、柔軟な発想をつぶしてしまう。そこを変えないと、STEMを面白いと感じる子どもは増えないんじゃないかな。

田原総一朗の遺言:柔軟な発想を許容しろ!

(ジャーナリスト 田原 総一朗、アストロスケールCEO 岡田 光信 構成=村上 敬 撮影=枦木 功)