上司や先輩がまだ仕事中で帰りにくい雰囲気の中、後ろ指を指されずに帰宅するにはどうすればいいのだろうか (写真:saki / PIXTA)

「時間外労働を減らそう!」「ノー残業デーを増やそう!」――。働き方改革という政府の後押しもあり、多くの企業が、長時間労働の是正にむけて動きはじめている。

その結果、ダラダラとムダに残業する、かつての日本企業の悪しき習慣が改善されつつあるようだ。

そうはいっても、以下のような声が聞こえてくるのも、また事実。

「月間の数字達成に向けて、私たちを含めた先輩社員が必死で仕事をしているのに、就業時間の30分前からデスクを片付けはじめて、定時ぴったりにあがる新人がいる……。このご時世、表立って口にできませんが、やはりイラッとしてしまいますね」(サービス・44歳)、「定時で帰りたくても、忙しそうに残業に突入する先輩の姿があると、やっぱり帰りづらいですね」(商社・26歳)

それでも「お先に失礼」しにくい職場は多い


この連載の一覧はコチラ

なぜいまだに「上司や先輩より先に帰りにくい空気」を醸し出す職場が少なくないのか。

働き方の時流や、マネジメントにおけるモラルが変わってきているのに、まだまだ現場の“感情”が追いついていない。それが現状ではないでしょうか」と、『上司を動かすフォロワーシップ』(ソフトバンククリエイティブ)等の著書を持つ、組織開発コンサルタントの吉田典生さんは言う。

「『残業せずに帰る』ことが正しい、と誰しもわかっている。ただ『そうはいっても、杓子定規じゃ仕事は終わらないんだよ!』と心の奥底で思っている先輩や上司が多い。こうして行き場を失った感情が、なおさら職場の“帰りづらい”空気を後押ししている面もあるかもしれません」(吉田さん)

もちろん、プライベートで大事な用事があるならば、そんな空気をスルーしたまま、お先に失礼する手もあるにはある。だが、できれば、先輩、上司の感情を逆なでせずに、スマートに定時退社を目指したい人も多いだろう。

そこで若手社員が、負い目を感じずに、ストレスなく定時で退社する技術を、前出の吉田さんのアドバイスのもと、探ってみた。「そんな心配はいりません。うちは毎日、ノー残業で帰ることができます」というすばらしい会社にお勤めの方々は、どうぞスルーしていただきたい。

テクニック1 自己管理をアピールしながら「失礼します!」

「終業時間なので、帰ります……」「今日、大切な用事があって……お先に失礼します」

本来、これでいいのだが、こうした言葉を放った途端、上司や先輩から微妙な空気が発せられるかもしれない。琴線に触れる原因は、「定時なので」「大切な用事で」という退社の理由ではない。彼らは「やるべきことをやったうえで退社しているのか?」と疑問に思っているからだ。

「極端にいえば、上司や先輩は部下のプライベートな用事なんてどうでもいいと思っている。しかし、部下が携わっている業務の進捗状況やその内容に関しては、当然、関心が高く、不安も抱いているものです。ようは手がけている仕事が進んでいない、あるいは進んでいるのか分からない状況で『定時なので帰る』『用があるので帰る』となると、ひっかかる。部下の“自分都合“ばかり押し出された気がして、腹立たしく感じる人も多いわけですよ」(吉田さん)

気持ちよく帰るのに必要なのは「ホウレンソウ」

ということで、実は対策はカンタンだ。

いってしまえばホウレンソウ(報告・連絡・相談)。上司の思惑を先回りして「今抱えている仕事はどんな状況か」と進捗状況をまず伝える。そして、「納期までにはこんなスケジュールですすめる予定だ」と、今後の予定も示す。そのうえで「なので、本日はお先に失礼させていただいてもよろしいですか?」と続けるのだ。

「たとえば『今日中には取引先から返事のメールが届くはずなのですが、何時になるかわからないそうです。先方にも伝えてありますが、朝早めに出勤して対応するようにします。よろしいでしょうか?』といった具合です。まず具体的にかかえている仕事と、その進捗状況を報告したうえで、現状を連絡する。これだけでも上司は安心します。こうした進捗状況を『ホウレンソウ』でしっかり伝える。大事なのは、仕事をしているだけじゃなくて、上司や先輩にその状況を伝えることなんです」(吉田さん)

最後を『よろしいでしょうか?』といった具合に相談の形で終わらせるのもポイントだ。質問することで「上司・先輩の意向を尊重していますよ」というスタイルでのコミュニケーションを図ることができる。いきなり自分都合の定時退社をアピールするよりは、断然、スムーズに「そうか。じゃあ、明日朝、頼むよ!」と返してくれる確率は高まるはずだ。

さらに上級テクとして、こんな手もある。

「ある部下に夕方、突然、仕事をふったら『了解です。これだとざっと3時間くらいで出来ると思うので、21時までには仕上げられますね。といいつつも今月は残業時間が45時間を超えそうなギリギリなところで……。間に合うなら、明日午前中の対応でもいいですか?』と返されました。もちろん了承したし、感心しましたね。」(IT・40歳)

仕事時間の見積もりが自分でできるうえ、上の人間が残業時間のマネジメントまでしなくて済む。それは上司や先輩にとって、最高の人材といえるだろう。工夫次第で「お先に失礼する」ことは、あなたの評価があがることもあるわけだ。

テクニック2 普段からコミュニケーションをとる

心理学的には接触する回数が多いほど、人は相手に好意を寄せるようになるという。逆にいえば、接触回数が少ないと、好意を抱かれにくいわけだ。

上司や部下もそれと同じ。

たとえば繁忙期に上司が残業をお願い。それに対して部下が「外せない用がありまして、今日はお先に帰らせていただいていいですか?」ときても、普段から積極的にコミュニケーションをとっている相手なら、上司も「それならしょうがないよ」「もちろん。明日がんばってくれ」となることが多い

日頃のコミュニケーションがモノを言う

「しかし、同じセリフでも、日頃から近くの席に座っていてもメールやチャットでしかコミュニケーションしない部下や、同じフロアにいながらも目を見て話さないような後輩だとしたら、どうでしょう? 上司や先輩は『なんだ、主張ばかりして』『自分勝手だな』と、必要以上に思われる可能性も高い。ちょっともったいないですよね」(吉田さん)

また、普段から顔を合わせたコミュニケーションをしていれば、「おや、いつもとは顔色が違うな」という状況を、互いに察知できやすくなる。そうなれば「よほど切羽詰まった状況なのか」というムードも感じ取れるし、「なにか体調が悪そうだな」といった体の異変にも気づいてくれるようになる。

「最近の風潮として『業務以外のコミュニケーションなどムダだ』『顔を合わせるホウレンソウなんて意味がない』という空気があります。生産性を意識することは大事ですが、直接の会話やコミュニケーションをすることで、むしろ業務がスムーズにすすむこともあるわけです」(吉田さん)

テクニック3 “ちょい足し”のひと言を、必ず添える

自分の仕事が片付いて、進捗状況を伝えたとしても、「それならこっちの仕事を手伝ってくれよ……」と考える上司や先輩もいる。

そんな相手への対策として、「手伝いましょうか?」の一言を付け加える方法もいいだろう。「そんなことしたら、残業せざるを得なくなるのでは?」と思うだろうが、このあとにコツがある。

「何かお手伝いできることありますか?」のあとに、すかさず「すいません。今日はプライベートで外せない用事があるのですが、明日なら午前中いっぱい時間がとれるのでお手伝いできます」と、今日の残業は難しいが、別の日なら……という、代替案を提案するのだ。いわゆる“イエス・バット話法”である。

「最初に『お手伝いします』とイエスで提案することで、上司や先輩の気持ちはポジティブになる。そのうえで『ただし、今日ではなくて明日ならば』と、バット(しかし)と、続けて条件を伝えるわけです」(吉田さん)

「今日は定時に帰る」という、目指す着地点は同じでも、いきなり「ムリです」と断るのと、最初に「イエス」と伝えるのとでは、大きくイメージが変わりそうだ。

あるいは“ちょい足し”という意味ではこんな声もあった。

「『予定があって先にあがらせてもらいますが、急ぎの要件があればケータイに出られるところにいるので、連絡ください』とアピールしてから帰る後輩がいる。実際こちらからは電話もかけないし、本当に出られる場所にいるか怪しいのですが(笑)。仕事への責任を感じられるし、なんとなく気持ちがいいですよね」(メーカー・46歳)

帰るときは”堂々と”帰る

テクニック4 「いかにも申し訳なさそうに帰る」のは逆によくない

もっとも、こうした言葉を添えて帰ると同時に、吉田さんは「最も大切なのは“堂々と”定時に帰ることですよ」と付け加える。

「上司や先輩が仕事しているからといって、いかにも『申し訳なさそうにおどおどしながら帰る』というのは、むしろ逆効果です。繰り返しになりますが、帰りにくい空気は上司や先輩が抱いている感情の問題。しかし、そうしたおどおどした態度は、感情を逆なでする可能性が高い。『後ろめたいならば、残業して手伝えよ』と思われてしまいます」(吉田さん)

そもそも本来やるべきことをしっかりやっているならば、堂々と定時に帰ってしかるべきだ。隠れるように帰らなければならないというのは、つまり「やるべきこと」や「伝えるべき言葉」が足りていないから、ともいえる。定時に堂々と帰れるためにも、上司や先輩との普段のコミュニケーションや、自己管理を怠らないようにしたい。

またバレるようなウソをついて帰ることも、避けたい。

「業務が立て込んで、残業をお願いした女性社員が『近頃、うちの子(飼い犬)の体調が悪くて』と涙ながらに言うので、『それは仕方ないね』と承諾しました。ところが、翌日、別の社員と彼女が話しているところを耳にしたら『昨日、インスタみたよ。ナイトプール行ったんだね』って……。飼い犬の命を使った巧妙な残業拒否に、何も言えませんでした」(IT・40歳)

これはむしろ、SNSの使い方に気をつけたいところか――。

いずれにしても、ちょっとした工夫をするだけで、「帰りにくい職場の空気」をくぐり抜けることはできるはずだ。これを実践し続けて「自己管理ができて、定時で帰るキャラ」を確立してほしい。なんなら、そのまま会社全体の空気を変えていっていただきたい。

もし、これだけやっても周囲が「もう帰るのかよ」「残業しろよ」「がむしゃらに働け」というオーラを出し続けてくるとしたら? そんな会社は、とっとと辞めて、本当の意味で「お先に失礼」したほうが良いかもしれない。