わずかな遺伝的差異が時間をかけて大きく膨らんでいきます(写真:kou / PIXTA)

「スポーツマン」「ガリ勉」「オタク」――。あなたは学生時代、どんなグループに属していただろうか? あなたのお子さんは?
2000年刊行のロングセラーで、この夏に新版として改題・文庫化された『子育ての大誤解――重要なのは親じゃない』の著者にしてアメリカの教育研究者ジュディス・リッチ・ハリス氏が、友だち関係のなかで育まれる子どもの「自己像」に着目し、英語学習に最適の環境からグループ間で学力差が広がるメカニズムまで、子どもの学びをめぐるトピックを論じる。

子どもたちの暗黙の行動基準

授業中、教師の目を盗んで悪ふざけに興じるクラスメートのことを覚えているだろう(あるいは、あなた自身がそうだったかもしれない)。そういう子どもたちにとって、教室は自分のために用意されたステージ同然。彼らはそのステージ上で、ファンのための特別なパフォーマンスを披露する。ファンというのは、もちろん教室の子どもたちだ。教師はこうした小粋な抵抗に欠かせない引き立て役にすぎない。

学校に通う子どもたちにとっていちばん大事なこと。それは、仲間内での自分の地位だ。それによって、学校はなんとか耐えられる場所にも、地獄にもなりうる。

子どもたちはクラスメートの容姿や振る舞い方に何か「変わった」特徴があれば、それを素早くとらえる。その特徴は、そのままその子のあだ名となることが多い。つまり、「ガリ」「デブ」「メガネ」「のろま」「博士」「弱虫」「泣き虫」などだ。

子どもたちの集団はあらゆる手段で、暗黙の行動基準を強要する。その基準に従わない、もしくは従うことのできない者、さらにはなんらかの形でそれに当てはまらない者は除外され、いじめられ、笑いものにされる。

同調圧力が最も強いのは、思春期以前の子ども時代だ。10代になると、同調しない者を罰する必要性はほとんどなくなる。その頃になると無理やり同調するのではなく、集団の一員になりたいという気持ちから同調するようになるからだ。

自己像の設定

クラスという集団の中でどんな自己像を確立するかは、子どもの学力にも大きくかかわってくる。教師が子どもたちを読書の得意な子と苦手な子とに分けると、得意な子の読解力はますます向上し、苦手な子の読解力はますます低下する。

これを「集団対比効果」と呼ぼう。この2つの集団ではそれぞれ異なる規範がつくり出されるため、異なる行動、異なる態度が要求されるようになる。集団対比効果はまさにくさびのようにはたらく。そのくさびは2つの集団間にあるごくわずかな差異に打ち込まれ、裂け目を広げる。こうした効果が生まれる原因は、人間に深く根付く自分の所属集団への忠誠心にある。人は自分の所属集団に最も好意を寄せるようになる。

「読書の苦手な集団にもそれが当てはまるのか」と疑問をいだくかもしれない。答えはイエス。読解力以外のこと、たとえば性格や容姿、もしくは運動神経では他人よりも勝っていると思うかもしれない。学校とはつまらないところで、そこで優秀な成績を残すやつはバカで、いい子ぶりっ子で、ご機嫌取りだという態度をとるかもしれない。

そうした態度は、時間経過とともにいっそう膨れ上がる。初めは仲間にわずかに劣っていただけの子どもも、自分を賢くするはずの事柄を避けるようになる。その結果、彼らはますます落ちこぼれてしまう。一方で、ほかよりもわずかに先を行っていた子どもは脳の訓練を繰り返す。

教室内の子どもたちを無作為にAチームとBチームに分けたとしよう。Aチームに優秀な生徒が2人おり、Bチームにはついていけない子どもが1人か2人いた場合、両チームの当初のIQ(知能指数)平均値が同じであったとしても、両チームの学業に対する態度は対照的になるかもしれない。

そのまま数年間学校に通った後、彼らが引き続きAチームとBチームとして自分たちを認識していたとしよう。子どもが一緒に過ごすのは主に同じチームの仲間で、Aチームの仲間ならば、学業に励んでいることだろう。Bチームであれば、学業をバカにしているに違いない。当初は学業への態度が違っていただけだが、それがIQの平均値の違いとなって現れる。

行動遺伝学者たちによると、IQの遺伝率は年齢とともに増加するという。年配者では遺伝率は80%に上る。ただし、その大部分は遺伝子の直接的な影響によるものではなく、人々が子ども時代に、そして大人になってから、自分で決断したことによるものだ。

初めのわずかな遺伝的差異が、そうして大きく膨らんでいく。テレビを見ようか、それとも宿題をしようか。野球をしようか、それとも図書館に行こうか。ブリタニーのグループに居続けようか、それともブリアンナのグループに乗り換えようか。大学へ進学しようか、そこで何を専攻しようか。ロジャーと結婚すべきか、それともロドニーとか。こうした決断が人生にどのような結果をもたらしたかが、IQに及ぼした影響として表面化するのだ。

2018年度から、日本の小学校で英語の義務教育化が段階的にスタートする。そこで、ここまで述べてきた「自己像の設定」という観点から、子どもが英語を身に付けるのに最適な環境を考えてみたい。

英語学習に最適の環境とは

ポーランドから親とともにアメリカ・ミズーリ州の片田舎に移り住んだ7歳半の男の子ジョゼフを研究した心理学者がいる。学校が始まった8月の終わりの時点で、彼の英語力は2歳程度だった。学校は、彼に通訳をつけることも、英語を話せない子どもたち向けの特別クラスを編成することもしなかった。

彼は同年代の子どもたちと同じ2年生のクラスに入れられた。ポーランド語を話せる子どもは1人もいなかったし、先生もポーランド語を話せなかった。彼への指導はすべて英語だった。時に「泳ぐか、沈むか」と呼ばれる方法だ。

しばらくジョゼフは「泳ごう」ともしていないように見えた。新しい学校に転入して数カ月、彼は「沈んだ」ままで、教室内でもしゃべることはほとんどなかった。けれども自分の身の回りで起こっていることへの注意は決して怠らず、先生が何を言っているのか、それを知る手掛かりをほかの子どもたちを観察することで得ようとした。

たとえば、先生がスペリングドリルを取り出すよう指示したとすると、ジョゼフは周りを見回し、ほかの子どもたちがスペリングドリルを取り出しているのを見て自分も同じものを取り出した。

彼の進歩は驚くほど速かった。11月の終わりには、校庭へ向かう間に次のような文章を話していた。「トニー、遊ばしてくれなければ、もう車、あげることしないよ」。完璧ではないが、言いたいことはトニーに伝わった。

アメリカに来てから11カ月、8歳半になったジョゼフの英語の使い方と理解力は、いまだポーランド訛(なま)りは消えないものの、生粋のアメリカ人の6〜7歳に相当すると評価された。その1年後には同年代の子どもたちに追いつき、訛りもわずかに残る程度となった。


心理学者が次にジョゼフを調査したのは、彼が14歳になってからのことだった。この時点では彼の発音は生粋のアメリカ人である彼の仲間たちとも区別がつかなかった。それでも彼は相変わらず家ではポーランド語を話していた。彼の学校での成績にも同じような傾向が見られた。低学年では読書に苦労した点が見られたが、5年生以降、彼は平均かその少し上の成績を残している。

ジョゼフの通う学校には、ジョゼフが自分はその一員だと思えるようなポーランド系アメリカ人の集団もなければ、英語を話せない子どもたちの集団もなかった。彼は特殊な存在ではあったが、1人では集団は形成できない。そのため彼は自分自身を単なる〈子ども〉、〈2年生男子〉としてカテゴリー化し、その社会的カテゴリーでふさわしいとされる規範を取り入れた。英語を話すこともその規範の一つだった。

英語を話さないことや、英語を流暢に話さないことを許すような規範をもつ子どもたちの集団をつくってしまうと、子どもは英語を覚えられない。彼らを担当する教師が、文法上正しく訛りのない英語を話すだけでは不十分なのだ。