PKを譲る提案を拒否したカバー二

写真拡大

スペインの『El Pais』によれば、カバーニの契約には、リーグ得点王となれば100万ユーロ(1億3,400万円)のボーナスが支払われるという条項が含まれている。
アル・ケライフィ会長は2人のFWの対立を解消するため、カバーニにキッカーをネイマールに譲り渡せば、得点数にかかわらず100万ユーロを支払うことを提案した。

PSGで4シーズン目を迎え第3番目の主将であるカバーニはこの提案を拒絶した。カバーニは金には興味がないことを伝え、今後もPKをネイマールに譲る意思が無いことを明らかにした。

また会長アル・ケライフィはネイマール側にPKを諦めることを説得することも考えているようだ。同紙によれば、PSGの幹部らはおおむねカバーニの味方に付いているようである。