赤だけじゃないよ!スマホで暗記だから5色に対応できるんです

写真拡大 (全5枚)

学生時代、テスト勉強などで暗記するとき、ラインマーカと赤下敷きのお世話になった人も多いのではないでしょうか? でもそれも今は昔、現代の赤下敷きはスマホアプリになっていたってご存知でしたか?

大手文具メーカー、ぺんてるが発売している「アンキスナップ」。ノートやテキストの重要部分に付属のマーカーでラインを引き、専用アプリを立ち上げてスマホで撮影すると、マーカー部分に目隠しのマスクがかかるという暗記用マーです。まさに赤下敷きに変わるアイテムで、通勤通学時の混雑した電車の中でもスマホひとつで学習できます。

2013年の発売以来、Twitterで話題となり、60万本を売り上げたというこの「アンキスナップ」の新バージョン、「アンキスナップVer.3.0」が公開されました。

「アンキスナップVer.3.0」の特徴は以下のとおり。

▼付属のシリアルナンバーでページ保存枚数が1年間無制限!

アンキスナップ(SMS1-F)に付属しているシリアルナンバーを入力することで、アプリ内でのページ保存枚数が1年間無制限になります。重い教科書を持ち歩かなくても、いつでもどこでもスマホで暗記学習が可能です。

▼5色の蛍光マーカーに対応!

既存のオレンジに加えて、スカイブルー、ライトグリーン、ピンク、バイオレットの5色に対応。必要に応じて覚えたい項目を色分けすることで、多角的、効率的に暗記学習が可能になります。

▼学習進度の自己チェックが可能に!


同社の姉妹製品「スマ単」で人気の、ページ毎の習熟度を自己採点してグラフ化し、学習進度をひと目で確認する機能と、苦手なページのみを表示する絞り込み機能が追加されました。どこまで進んだかわかりやすいのはうれしいですね。

「アンキスナップVer.3.0」はiOS Ver.9.1 以降、Android Ver.4.1以降に対応。学生の勉強にはもちろんですが、資格学習や趣味の英語学習など、オトナの勉強にももってこいのアイテムです!

>> ぺんてる「アンキスナップVer.3.0」

 

(文/&GP編集部)