11月頭に発売予定のiPhone Xは、フロント全面を覆う有機EL(OLED)ディスプレイが特徴です。
 
このフルディスプレイデザインを、4インチのiPhone SEに採用したら…そんな発想から生まれたコンセプト画像と動画を、Curvedが公開しています。

iPhone X風なiPhone SE


 
コンセプト画像はフロント全面をスクリーンにしてディスプレイを4.7インチに広げ、iPhone Xと同じようにTrue Depthカメラのための切り欠きスペースを設けています。
 
リアカメラはデュアルカメラとなり、背面の左上に横に並んでいます。このデザインはiPhone XではなくiPhone7 PlusやiPhone8 Plusと同じです。
 

iPhone SEの次期モデルは発売されるのか

iPhone SEはポケットに入る小ささと、ほかのiPhoneと比べると手頃な価格であることから、2016年3月末の発売以来、根強い人気を誇っています。
 
8月には、次期iPhone SEが2018年早々に発売されるという噂も浮上しました。インド国内工場でのiPhone SE組み立てを5月から開始し、6月よりインド国内向けに出荷を開始したWistronが、次世代iPhone SEの生産に備えているというものでした。
 
しかしその一方で、AppleはiPhoneのスクリーンの大型化を推進しており、2018年iPhoneとして当初計画していた、5.28インチ有機EL(OLED) 搭載モデルの開発を取りやめたとも伝えられています。
 
十分なスペックとiPhoneの使いやすさを備えつつ、手頃な価格が目玉のiPhone SEが、コストの高いOLEDを搭載する可能性はあまり高くなさそうですが、フルディスプレイにすれば小型なモデルでも今より大きなスクリーンを享受できるので、需要はありそうです。
 
ここで紹介している画像はほんの一部なので、もっと見たい方はCurved.deのサイトでご覧ください。
 

 

 
 
Source:Curved via 9to5Mac
(lunatic)