エントリークラスのSIMフリースマホ「ZTE BLADE E02」が発売!

ZTEジャパンは25日、昨年に高いコストパフォーマンスが評価されて販売台数を伸ばしたエントリーモデル「BLADE E01」の後継モデルで低価格なSIMフリースマートフォン(スマホ)「BLADE E02」(ZTE製)を日本市場で2017年9月下旬より順次発売すると発表します。価格はオープンながら希望小売価格が17,800円(税別)。

また楽天は同日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」にてBLADE E02をオンラインでは2017年9月25日(月)より販売開始し、店頭では9月29日(金)より取り扱うと発表しています。

楽天モバイルでの価格は一括払いで16,800円(税別)、分割払い756円/月×24回(税込)で、長期優待ボーナス適用時の端末販売価格は3年契約の場合は20,000円割引、2年契約の場合は10,000円割引で、例えば3年契約なら0円+3,200円相当の楽天スーパーポイントプレゼントとなります。



BLADE E02は約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したエントリークラスのスマホです。OSにはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、スマホ初心者でも安心して使える「ファミリーモード」にも対応しています。

ファミリーモードはよく使う機能や連絡先が色分けされた大きなボタンで表示され、シンプルかつわかりやすいユーザーインターフェース(UI)で、はじめてスマホを使うシニアなど、スマホをより簡単に使いたい場合におすすめできる機能です。

主な仕様はQualcomm製1.1GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 210(MSM8909)」および2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、2.4GHz帯におけるIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、位置情報取得(GPS)、microUSB端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。

カメラは背面がF2.0レンズ+約800万画素センサーのリアカメラ(フラッシュ付)、前面がF2.2レンズ+約500万画素センサーのフロントカメラ(フラッシュ付)を搭載し、マニュアルモードによるISOや露出、ホワイトバランスなどをお好みで設定可能。

また高速のコマ送りのような動画再生「タイムラプス」や撮影した画像を連続写真のように表示できる「GIFメーカー」、複数の写真を楽しく並べる「コラージュメーカー」などの機能も搭載しています。

センサー類はジャイロスコープ、環境光センサー、近接センサー、加速度センサー、電子コンパスを搭載。緊急速報メール(ETWS方式)やFMラジオ(ワイドFM:76〜95MHz)、テザリング(Wi-Fi・Bluetooth・USB)に対応。

バッテリーは容量が2400mAhで、交換可能な脱却式の電池パックとなっています。連続待受時間は約480時間、連続通話時間は約17時間。サイズは約144×71×8.4mm、質量は約135g、本体色はホワイトおよびブラックの2色展開。

SIMカードスロットは2つのデュアルSIMですが、片方はmicroSDカードと共有。デュアルスタンバイは4G/3G+2Gなので日本では利用不可。携帯電話ネットワークにおける最大通信速度はLTE UE Category 4による下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsで、対応周波数帯は以下の通り。

LTE  : B1、B3、B8、B19、B26(au VoLTE対応)、B41
UMTS : B1、B6、B8、B19
GSM :B2、B3、B5、B8




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・約135gの軽さで多彩な機能を搭載。1万円台のエントリーモデルスマートフォン『ZTE BLADE E02』を順次発売 - ZTE Japan
・楽天株式会社:  楽天モバイル、スマートフォン「ZTE BLADE E02」の取扱開始 | ニュース