安藤サクラ『民生ボーイと狂わせガール』で“怪演” エッジの効いたキャラとの相性を読む

写真拡大

「奥田民生のような男に、なる!」と、海賊王目指す青年よろしく、妻夫木聡が高らかに宣言して始まる『奥田民生になりたいボーイと 出会う男すべて狂わせるガール』。ぶっ飛んだタイトルからもなんとなく察することができる通り、主人公・コーロキ(妻夫木聡)が小悪魔女子・天海あかり(水原希子)に翻弄されながらも、民生のようになるべく、仕事に恋愛と、いくつもの荒波を乗り越えていく物語である。この荒波のひとつとして登場する安藤サクラが、心地よい怪演を見せている。

(参考:映画『バクマン。』に溢れる、マンガへのリスペクトーー松谷創一郎がその意義を考察

 おしゃれライフスタイル雑誌「マレ」の編集部に異動してきたばかりのコーロキ(妻夫木)。慣れない環境でさっそく洗礼を受けるも、懐の広い編集長(松尾スズキ)の支えや、浮き沈みはありながらも始まる、あかり(水原)との恋愛に、俄然やる気は上がっていく。そんな折にコーロキが担当となるライターが、美上ゆう(安藤サクラ)である。

 安藤サクラが演じるキャラクターの振れ幅の大きさには、まいど度肝を抜かれる。筆者が彼女の存在を認識したのは、やはり『愛のむきだし』(2009)だろうか。父親から虐待を受けていた少女の純粋さが、新興宗教の中で狂気として花開くさまをエキセントリックに演じ、圧倒的な存在感を示した。『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(2010)では女子ラッパーの1人としてラップを披露し、芸達者な一面を見せる。ヤン・ヨンヒ監督の実体験を基に制作された『かぞくのくに』(2012)では、社会派ドラマへの適応力も発揮。実姉・安藤桃子監督作『0.5ミリ』(2014)では上映尺196分間、介護ヘルパーとしてコミカルに暴れ、『百円の恋』(2014)はダメダメ女子が30歳を超えてボクサーとしてリングに上がる姿を、デ・ニーロばりの驚異の肉体改造をもってして、スクリーン上に叩きつけた。

 “映画女優”というイメージの強かった安藤だが、近年はテレビドラマの主役やヒロインまで演じ、すっかりお茶の間の顔に。しかしやはり、エッジの効いたキャラこそ面白い。本作で演じる美上ゆうは、まさにそんなエッジの効いた、愛すべきキャラクターである。

 人気コラムニスト・美上ゆうは、大勢のネコと暮らす、感情の起伏の激しいキャラクターだ。原稿遅筆が有名で、挨拶に行ったコーロキは、さっそくその独特な存在感に気圧される。そしてコーロキが初めて依頼した仕事も当然のごとく、締切りに間に合わないというのである。理由は愛猫・ドログバが行方不明になったというもので、電話口でもヒステリックに叫んでいる。ジリジリするコーロキだが、編集長に一喝され、ドログバ探しに参戦するのだ。

 この一連のシーンで、コーロキを精神的にも肉体的にも追い込んでいく。唐突に大声を上げるような情緒不安定ぶりであるが、演じる安藤自身、どうも楽しんでいるような余裕を感じてしまう。これまで幅広い役柄をこなしてきた安藤だからこそのものだろうか。美上としては焦燥感に駆られながらも、安藤としてはコーロキを弄んでいるように見えるのだ。絶妙なさじ加減で、美上というキャラクターを漫画や映画の中にだけ存在する「おかしな人」ではなく、実際に身の回りにいそうな「少し変わった人」にまでおさめている。3年後、「民生のように」なれなかったが、編集者としては大成したコーロキは、他者との関わり方を学んだという。美上が口にしていた「奥田民生になりたいボーイ、夜明けのキャットファイト」の場面は、本作の中で唯一、コーロキが誰かと共同作業を行った場面でもあるのだ。

 この「3年」という大きな時間の省略があるが、美上の存在が彼の変化に影響したことは間違いなさそうだ。ラスト近くでコーロキに送る微笑には、たしかに3年という時間が真実味をもって感じられる。焦燥感と余裕と、さらには「3年」という大きな時間まで体現してしまう安藤サクラは恐ろしい。

(折田侑駿)