大学の仕事でドイツ・ミュンヘンに来ています。たまたま先方の予定に合わせただけなのですが、時期が「オクトーバーフェスト」と重なったため、仕事のパートナー、ミュンヘン工科大学のクリストフ・リュトゲ教授に「ホンマもの」のオクトーバーフェストを案内してもらいました。

 最初にクリストフから言われたのが、「手荷物は持ち込めないんだよ・・」というポイント。直ちに了解し、荷物を彼の助手に預け、デジカメ1つの手ぶらで、会場であるテレージエンヴィーゼ(テレーゼ緑地)を目指しました。

 言うまでもありませんが、凶器、とりわけ銃の乱射や自爆テロを警戒しているのです。

 実際、ビール醸造所のあらゆるテントの入り口では、女性の小さなポーチまで中身を改められていました。2020年の東京オリンピック、果たしてこの程度まで徹底した安全管理ができるでしょうか。

 オクトーバーフェストでは、爆弾事件で犠牲者が出た歴史があるのです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

オクトーバーフェストとは

オクトーバーフェスト会場入り口の警備陣。警官は自動小銃などを装備。


 細かい話に入る前に、「オクトーバーフェスト」の概略に触れておきましょう。

 オクトーバーと名がついていますが、10月は寒くなるので毎年9月半ばの土曜日から10月の第1日曜日まで、標準的には2週間と2日で16日間、ただし10月3日がドイツ統一の祝日のため、場合によると最大18日間開かれる「秋まつり(オクトーバーフェスティバル)」と思って大きく外れません。

 毎年約600万人の人出があるそうで、平日でも1日30万人(秩父の夜祭と同じ規模)程度、土日ともなれば50万〜60万人の人が集まる、国民的と言うよりいまや全ヨーロッパ的な行事となっています。

 もともとは1810年の10月、バイエルン皇太子ルートヴィヒとザクセン皇女テレーズの結婚式をこの場所で挙げるとともに、祝祭として大規模な競馬が行われ、それ以降お祭りが恒例となったものだそうです。

 オクトーバーフェストの歴史などについては回を改めてお話します。

 100年ものの素敵な回転木馬や「ノミのサーカス」など、「いまだにこんなものが残っていたのか!」と驚くような出店も、クリストフの案内で見ることができました。

 ですが、本稿は2020年東京オリンピック(自体については私は疑問が多いですが)も念頭に「警備」に焦点を当てて考えてみます。

1980年の爆弾事件

 1980年9月26日、すでに170年の歴史を数えていたオクトーバーフェストは、その日もごく普通に、ごった返す人出で賑わっていました。

 ところが、すでに夜も更けつつあった午後10時過ぎ、会場正面入り口近くのゴミ箱に仕かけられていた消火器爆弾が、突然炸裂します。

 死者13人、重傷70人近く、200人以上が負傷するという、ドイツで起きたこの種の犯罪の中でも最悪の被害を出した「オクトーバーフェスト・爆弾テロ事件」は、いまもって完全に解明されていないとする人もいるそうです。

爆弾事件以降、ゴミ箱の少ないオクトーバーフェスト会場内は地面にゴミが散乱。酔っ払ってつぶれている人もあちこちの地面に散乱。


 公式には、極右思想に染まった21歳の若者が単独犯で実行、自身も逃げ後れて死亡したとされていますが、実のところよく分からないままの幕引きであったらしい。

 いずれにせよ、その後のオクトーバーフェストからは「ゴミ箱」というものがほとんど消えてなくなりました。似たような現象が日本でも、地下鉄サリン事件以降に起きましたね。

 クリストフによると、会場内は路上に放置されたゴミが山をなし、毎朝その掃除から始まるという形が、1981年以降続いているそうです。

入り口チェックと2重の囲い網

 1980年の爆弾事件は、イスラム過激派による無差別テロではなく、ドイツ国内の不満層が引き起こした事件でした。

 しかし、私たちが「東京オリンピック2020」の警備を念頭にオクトーバーフェストの現状を見るとき、忘れてはならない出来事がもう2つあります。

 昨年(2016年)に起きたもう1つの乱射事件、そして1980年爆弾事件に先立つ「ミュンヘンオリンピック人質事件」です。後者から見てみましょう。

 1972年9月5日、ミュンヘンでは夏季オリンピックが開催され、世界から選手団、観光客などがこの古都の北部に造成されたスタジアムや選手村に集まっていました。ここで、事件は起きました。

 パレスチナ人武装勢力「黒い9月」を名乗る集団が、イスラエル人選手団11人を人質に立てこもったのです。この事件は最終的に、拘束されていた人質全員が脱出用に準備されたヘリコプター内で爆死という最悪の結果で終わりました。

 突然の勃発(フェンスを乗り越えて進入する犯人を飲みに出かけた選手が深夜に戻ってきたと守衛が勘違いするなど、日本でもありそうです)、対応したのが一般の地元警察官であったこと、掃討作戦がマスコミに漏れ、犯人側にも筒抜けで意味がなかったなど、備えなくて憂いとなった経緯が伝えられます。

 逆に言うと、東西冷戦の最中、オイルショックと前後して開かれたミュンヘン五輪でこのような惨劇を招き入れてしまったドイツ〜ミュンヘン側当局は、様々な行事に十分な警備警戒の態勢を整えていたはずです。

 それでも、1980年の爆弾事件を防げなかった。覆面で顔を隠し、重装備した集団なら警戒の網に引っかかったかもしれません。

 でも、何気なく消火器爆弾を携行し、それをゴミ箱に仕かけた爆弾魔を事前にスクリーンすることはできなかった。

 爆弾事件のあった1980年以降の36年間、ドイツは激動の歴史を潜り抜けます。

 東西冷戦末期の緊張、冷戦の崩壊と東西領ドイツの再統一、EUの通貨統一とマーストリヒト体制の確立・・・。その間2010年にオクトーバーフェストは200周年を迎えますが、いまのところ大きな事件・事故は起きていません。

 しかし「冷戦後」の終わりを象徴するようなイスラム過激派によるテロの嵐が吹き荒れる2010年代、ミュンヘンは再び「個人の単独犯」で新たな悲劇に直面します。

 2016年7月22日、まだついこの間のことです。ミュンヘン郊外北部、テロのあったオリンピック会場に隣接するショッピングセンター(オリンピア・アインカオフ・ツェントルム)で事件は発生しました。

 ショッピングセンターに隣接するマクドナルドの屋外に子供が遊べるように作られたゾーンがあり、そこから銃の乱射が始まり、犯人を含め10人の犠牲が出、被害者は40代女性1人を除いて、全員がティーン・エイジャーという事件でした。

2016年7月22日の乱射事件現場に立てられた慰霊モニュメント(オリンピア・アインカオフ・ツェントルム、ミュンヘン)。いまだ献花が絶えない。


 いつどこから、どんなリスクが襲いかかってくるか分からない。

 まさに「内憂外患」の状況にあることを再認識したドイツ、わけてもミュンヘン市当局は、オクトーバーフェストの警備をさらに強化します。

 会場である「テレージエンヴィーゼ」は2重の網で囲まれ、限られた数のエントランス以外、人の出入りができないように制限され、大量の警察官、警備要員が張りつけられるようになりました。

 手荷物持込は厳禁、各ビール醸造会社のテント入り口では、女性の小さなポーチまで、中を改める徹底ぶりです。

甘口の「おもてなし」で誰を呼び込むか?

 2020年東京オリンピックに関しては、様々な不手際があまりにも目立ちすぎます。そもそも買収で権利を手に入れたといった話から、エンブレム、競技場、その競技場工事ではブラック現場で就労者が自殺・・・など。

 率直に気になるのは、警備を含むあらゆる会場対策には少なからざる予算がかかるということです。

 IOC(国際オリンピック委員会)のサマランチ会長時代に、すっかり人寄せ営利事業に定着してしまったオリンピック。久米宏さんが「1人になっても明確に反対」と果敢に主張しているのは、メディア人として立派な姿勢と思います。

 とは言え、間違いなく開かれるであろう五輪、無駄なコストは削減したい。かと言ってテロ対策などは厳重にしないと、とんでもない事件や事故を容易に招きいれることになるでしょう。

 するとそのコストは、いったいどこにツケが回されるのか?

 少なくとも、都民や国民の収める将来の税収を当てに、利ざやを抜く連中の口をぬぐわせるようなことだけはしないでもらいたい。

 オクトーバーフェストのビールは「フェストビア」とか「ヴィーズンビア」などと呼ばれてアルコールの度数も高いですが、価格設定も相当高めです。

電車もすし詰め状態の混雑となり、会場近くの地下鉄駅には警官と共に大量の警備や整理要員が。


 「このお金で、安全な環境とともにビールを買っているんだ」と、来場者が納得してお祭りを楽しむ受益者負担が徹底されている。

 何かというと2020年/五輪を言い訳に、目先をごまかし、必然性のない出費を無理やり正当化するような政策に私は大反対です。

 この事情は、アテネオリンピックがギリシャに何を残したかに思いを致すだけでも十分でしょう。

 次回はドイツで目についた「テロ対策」を、テロの現場から考えてみたいと思っています。

(つづく)

筆者:伊東 乾