NHKで2017年7月30日から9月17日まで合計8回にわたって放送された海外歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』をご覧になっただろうか。

 62年間の在位期間を誇り、大英帝国の全盛期を象徴するヴィクトリア女王(1819〜1901年)を主人公にした歴史ドラマで、即位してからの最初の4年間を描いたものであった。

 ヴィクトリア女王が1837年に即位した当時は、まだ18歳。最初は文字通り初々しかったわけだが、王位継承をめぐる諸問題のまっただなかの即位であり、最初4年間の治世は薄氷を踏むような状態であったことが、ドラマでは手に取るように伝わってきた。

ヴィクトリア女王の肖像写真(出所:)


 ヴィクトリア女王というと「立憲君主」の鑑(かがみ)のように見なされている。だが、議会制民主主義の先進国である英国においても、女王(=国王)と議会との関係は、最初から現在のような姿に落ち着いていたわけではない。議会との関係もまた一筋縄にいくものではなかったのだ。

 だが今回はそういった政治がらみの話題ではなく、このドラマを題材にして、もっとソフトな話題について取り上げてみたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「ロールモデル」としてのアルバート公

 女性の視聴者であれば、同じ女性として主人公のヴィクトリア女王に感情移入したことだろう。そしてまた、ドラマでアルバート公を演じていた男優にも注目したのではないか。ドイツの小国出身のアルバート公は、実際に残っているポートレートを見てもイケメンであった。ヴィクトリア女王の一目惚れであったらしい。

 男性の視聴者も、「脇役」としてのアルバート公に関心を抱いた人が多かったのではないだろうか。社会的に活躍している女性の配偶者が、いかなる「内助の功」を発揮したのか、いかなる精神的プレッシャーのもとで苦悩していたのか、はたして居場所を見つけることができたのか──。男性視点としては、こういう観点からアルバート公に注目してしまうのである。もしアルバート公の立場にいたら「男はつらいよ」なあ、という共感をもって。

 実際にはアルバート公は、「女王の夫」という存在にとどまることをよしとせず、自分が担う公務を増やしていくことによって、自分の「居場所」をつくり出していった。ドラマの設定時期のあとのことになるが、アルバート公は1851年に開催された第1回ロンドン万国博覧会の総裁を務め、万博実現に向けて積極的に活動している。

1840年時のアルバート公子を描いたジョン・パートリッジの肖像画(ロイヤル・コレクション、出所:)


 19世紀のアルバート公は、表舞台で活躍する女性の配偶者として、ある意味では先駆的なロールモデルであったと位置づけることができる。英国はこの点においても“先進国”であったといえよう。

 英国史をさかのぼってみれば、すでに16世紀には女王が存在している。エリザベス1世である。

 だが、欧州大陸の他の王家から配偶者を迎えると国を乗っ取られる危険があるという恐れから、女王エリザベスは最後まで配偶者をもたずに「ヴァージンクイーン」(=処女王)として生涯を終えている。

 一方、19世紀のヴィクトリア女王の場合は事情が異なる。アルバート公の出身国であるドイツの小国コーブルクと、英国とでは、言うまでもなく国力の大きな差があった。コーブルク国にとって、王子の1人が英国王室に入ることは、財政問題解決の手段でもあったのだ。ただし、結果としてアルバート公の存在が英国王室にとってロールモデルとなったことは否定できない。

日々新たな「先例」と「伝統」が創られる英国

 さて、20世紀のエリザベス2世(1926〜)が比較的スムーズに職務を遂行することができたのは、ヴィクトリア女王という先例があったからでもある。

 そして、エリザベス2世自身も、あとに続く女性たちの「先例」となった。

 エリザベス2世とその配偶者のフィリップ殿下(エディンバラ公)は、1947年の結婚当初から、広範にわたる公務を分担してきた。このような王室の事例があるからこそ、マーガレット・サッチャー元首相という政治の世界の先駆者が誕生したときも、国民から比較的スムーズに受け止められたのであろう。現在のテレーザ・メイ首相誕生にも、その「先例」が「伝統」となって受け継がれている。

 英国の旧植民地では、インドのインディラ・ガンディー、パキスタンのベナズィール・ブットー、バングラデシュのシェイク・ハシナなど、女性の首相を輩出してきた。そのいずれも配偶者と子どもがいる。英国人の東洋学者と結婚していたミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問も、そのリストに加えていいだろう。旧インド植民地から女性の政治指導者が出てきた背景には、おそらく同時代人であるエリザベス女王の存在もあるのではないだろうか。

 ただし、彼女たちはいずれも「建国の父」など植民地からの独立後に力のあった政治家の娘である。しかも多くの場合、伝統的な家族形態が背景にあった。だからこそ、家事や育児を家族に任せることが可能になったと見るべきであろう。

 同じアングロサクソンとして何かと比較されることの多い英国と米国だが、ヒラリー・クリントン氏が敗退した結果、米国ではいまだに女性大統領が誕生していない。そう考えれば、英国がさまざまな点において「伝統」を創り出してきた先進国であることが理解できるはずだ。

 英国は伝統を重視する社会とみなされている。しかし、実は伝統とは創られるものだ。「創られた伝統」というコンセプトを最初に提示したのは、20世紀英国を代表するマルクス主義の歴史家エリック・ホブズボームである。

 世代間で価値観の断絶が大きくなりがちな英国では、日々、新たな伝統が創り出されていると考えるべきだろう。そしてそれをリードするのがいつの時代も若者であることは、「ついに英国から始まった『怒れる若者たち』の反乱」で指摘したとおりだ。

歴史ドラマの楽しみ方

 日本と同様に、英国には歴史ドラマ好きが多い。その伝統はシェイクスピア以来のものだ。シェイクスピア作品は全部で37作あるが、全作品の4分の1は「史劇」である。いわゆる歴史ものだ。

 とはいえ、歴史ドラマの世界は歴史そのままではない。まず、ただ単に事実をそのまま描いてもストーリーにならない。また、主人公が置かれた状況やその他登場人物との葛藤が存在しなければドラマにならないからだ。

 今回取り上げたNHK海外歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』の舞台設定は、19世紀半ばの「近代史」に属するものだ。主要な交通機関は馬車で、蒸気機関車もまだ普及していなかった。郵便はあったが、電信電話も、もちろんインターネットもなかった。そんな時代に生きた人たちが、2010年代に生きている現代人と同じ感性で生きているはずがない。スピード感だけでなく、ほぼすべての感覚が異なると考えるべきである。

 とはいえ、テレビドラマの視聴者は、歴史上の人物に対して、あたかも現代人と同じような存在として、共感したり反発したりする。それが可能なのは、ドラマがそのように製作されているからだ。

 つまり、歴史ドラマというものは、舞台と登場人物が過去に設定されているが、基本的に現代ドラマである。そうでなければ現在に生きている視聴者の共感を得ることはできない。これは日本のNHK大河ドラマだけではなく、英国の歴史ドラマであっても同様だ。時代考証を精緻に行った上で、脚色がなされている。

『女王ヴィクトリア』は、2016年に英国の民放で製作されたテレビドラマである。だから製作にあたっては、現代人の問題意識や関心を過去に投影しているのである。本コラムで「ロールモデルとしてのアルバート公」という読み取り方をしたのも、きわめて現代的な問題意識がベースにある。

 こういった事情を理解したうえで視聴すれば、歴史ドラマはエンターテイメントとして楽しめるだけでなく、過去の時代に関する歴史的想像力を鍛えることに役に立つ。映画もまた同様だ。大いに楽しんでいただきたい。

筆者:佐藤 けんいち