南福岡自動車学校の教習コース。車のドアに「かめライダー」のイラストが描かれている


「手帳を見られてたんですよ」

──見られていた?

「手帳を机の上に置き忘れて帰ったんですね。あ、手帳を忘れたと思って戻ってみたら、手帳を開いて見られていた」

 南福岡自動車学校 取締役 総務部部長の山田康之氏は、会社が大混乱に陥っていた時期の「今でも忘れられない出来事」をこう振り返る。

 社内は異様な雰囲気が漂っていた。社員たちは、経営改革に賛成する「改革派」と、改革に反対する「守旧派」に分断され、両者の間で反感と不信感が渦巻いていた。

 山田氏は改革派側の社員であり、守旧派の社員たちにとっては“信用すべきではない”人物と映っていた。「一体、何を企んでいるんだ」と疑った守旧派の1人が、山田氏の手帳をこっそり盗み見ていたのだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

自動車学校の役割を抜本的に大転換

 JR博多駅から南に向かう鹿児島本線に乗って、20分ほど揺られると水城駅に到着する。改札口を出ると、駅前に立ち並ぶ建物の向こうに「南福岡自動車学校」(福岡県大野城市、通称「ミナミ」)の練習コースが見える。ミナミは約60年の歴史を持つ老舗の自動車教習所だ。入校者は四輪車、オートバイを合わせて毎年約4000人に達する。

 自動車教習所業界で、ミナミは「奇跡的なV字回復」を遂げた教習所として知られている。18歳人口の減少、若者の車離れなど、現在、自動車教習所は厳しい逆風にさらされている。多くの教習所が入校者数の減少、売上の低下にあえぎ、典型的な斜陽産業とも言われる。ミナミも例外ではなかった。平成元年頃をピークに売上は低下の一途をたどっていた。

 そうした中で、ミナミは大がかりな経営改革を断行する。改革を推し進めたのは3代目社長の江上喜朗(えがみ・よしろう)氏である。

 江上氏は大学を出てリクルートグループに就職、ネットベンチャーの取締役を経て、2011年に30歳の若さでミナミの社長に就任した。

 先代の社長は、先細りの業界を生き抜いていくための方策を見つけあぐねていた。「私は若い子たちの感性とあまりにもかけ離れてしまった」と言って、経営を息子の喜朗氏に託したのだった。

 だが、社長に就任した江上氏を待ち受けていたのは、自動車教習所が直面するあまりにも厳しい現実だった。江上氏は「このままでは未来はない」と危機感を抱き、それまでの経営方針から大きく舵を切ることを決断する。

 江上氏が行ったのは、ミナミの事業を抜本的に見直し、再定義することだった。ミナミは免許を取るための知識や技術を教えるだけの場ではない、「人間教育」の場である、と位置付けたのだ。社員には新しい経営方針として、「これからは『感性あふれる“ひと”を創る』という理念で学校を運営していきます」と宣言した。そして、自らは全身タイツの「かめライダー」に扮して、入校者を集めるために福岡県内を飛び回った。

江上社長とかめライダーの等身大パネル。スーツを脱いでタイツを着て、社長が自ら前面に出ていく──江上氏にとってかめライダーは、ミナミの変革の象徴だった


 経営改革は見事に実を結んだ。売り上げの減少は2014年に底を打ち、以来、毎年約1億円ずつ伸びている。教習用コンテンツの外販、教習生と企業のマッチングビジネスといった新規事業も軌道に乗りつつある。逆風を跳ね返したV字回復の秘訣を学ぼうと、今や全国の教習所から見学者が訪れてくるまでになった。

ひっくり返された価値観

 だが、経営改革は決してスムーズに成し遂げられたわけではない。改革は壮絶な“痛み”を伴った。なにしろ、社員の約半数が改革に抵抗して会社を辞めてしまったのだ。

 ミナミの指導員の多くは、ずっと「自動車学校は免許を取る場所である」という価値基準に基づいて働いてきた。まじめに、厳しく、ミスなく教習することが大切だった。その価値観をいきなりひっくり返され、「教習生に学習や出会いの楽しさ、感謝の大切さを伝える」「小さな変化に気づいて褒めてあげる」「教習のあともフォローしてあげる」ことなどを求められるようになった。アレルギー反応を示すのは当然である。

 社内は改革派と守旧派に分断され、経営改革に抵抗する社員たちが次々に会社を離れていった。そうした中で 山田さんは手帳を盗み見られたのだ。江上氏が改革に着手してから3年の間に、結局、約半数の社員がミナミを去った。指導員の数が減れば、受け入れる教習生も減らさざるをえない。売上は大きく減少した。

 江上氏の心労もすさまじかった。退職届を次から次へと受け取る日々が続き、何度も頭を抱え込んだ。頭髪にうずめていた手を引き抜くと、髪の毛がごっそり抜けた。夜は眠れず、心療内科で処方してもらった精神安定剤が手放せなくなったという。

 しかし、それでも江上氏が旧来の教習所に後戻りすることはなかった。退路を断って改革の決意を貫き通したからこそ、ミナミは生まれ変わることができたのだ。

 どん底の状況から、会社はどのように変わっていったのか。猛烈な抵抗に遭いながら、なぜ江上氏はくじけずに改革を遂行できたのか。

「車の運転」は簡単に、「人の運転」は困難に

──江上さんが社長になられて、教習所の役割、位置づけを大きく転換させましたよね。単に免許を取らせるところじゃない、「感性あふれる人を創る」んだと。ずいぶんと思い切って方向を変えましたね。

江上喜朗社長(以下、敬称略) 教習生は18歳、19歳の多感な時期に来て、数十時間のまとまった時間をここで過ごすわけです。その時期に、人としての感性とか、人として当たり前のこと、つまり、素直にありがとうと言えることとか、人とつながることの大切さとか、運転以外にもためになることを教えられたらいいなと。改革チームで議論を重ねてその理念にたどり着きました。

──オリジナルのビデオやゲームを作るなど教え方や教材も変えて、面白さや楽しさを打ち出すようになりました。狙いは何ですか。

江上 これから「車の運転」はどんどん簡単になっていくけど「人の運転」は難しくなっていきます。そこがポイントだなと思ったんです。

 車は十数年ぐらい前からオートマが主流になり、運転が簡単になっています。最近はレーンキープ、衝突防止、自動駐車機能などテクノロジーの進化でさらに簡単になっている。そして将来は自動運転の時代がやってきます。一方、人間の運転は難しくなってきています。

──人間の運転が難しいとは、どういうことですか。

江上 まず、教習所に来てもらうことが難しい。昔は「免許を取ったら友達と海に行きたい」「彼女とデートに行くんだ」みたいなわくわくした気持ちで免許を取る人が多かったと思います。けれども今は義務感というか、親から言われたから、何となく将来必要だから、みたいな理由の人がほとんどです。免許を取るモチベーションが昔より低くなってきているんです。

 あと、今の若者の特徴として、上からびしびし鍛えられたことがないので、ちょっと打たれ弱いという面があります。だから昔のように安全運転を厳しく教え込むのは時代にそぐわない。

 ということは、これからは「この教習所に来ること自体が楽しい」と思ってもらうことがとても重要だと思ったんですね。「免許は絶対に必要ではないけど、楽しいからここに来る」という人が増えてほしい。だから、生徒さんにいかに楽しんでもらうか、面白いと思ってもらうかを一生懸命考えています。

南福岡自動車学校の送迎用バス。このバスだけでも同校の「楽しさ」が伝わるのではないだろうか


評価制度も理念に沿った形に

──経営改革の一環として、社員の評価制度も変えたそうですね。どういう評価制度になったのですか。

江上 「感性あふれる人を創る」という理念に沿っているかどうかを評価する形です。

 以前は合格率、集客の数、売上とか、基本的には数字を見て評価していました。今は卒業生アンケートをしっかり取っているんです。卒業生から、「感動するほど良かった」「とても良かった」「良かった」「普通」「悪かった」の5段階で評価してもらうアンケートです。

 この中で重視しているのは「感動するほど良かった」の割合です。お客様はおべっかで「とても良かった」「良かった」とは言ってくれますが、「感動するほど良かった」とは本当に良くないと言ってくれないものです。だから、この割合をしっかり評価するようにしています。

 加えて、身だしなみはどうか、気持ちや変化に気付いてくれたか、話をしっかり聞いてくれたか、褒めてくれたか、知り合いに薦めたいか、といったこともアンケートの項目にしています。

──こういう評価制度にすると社員の働き方は変わってくるものですか。

江上 変わってきますね。もちろん報酬に反映させているということもありますが、誰かがアンケートでいい評価をしてもらったら、朝礼とかで発表するんですよ。そして、良かった点を褒めたたえて、みんなで共有する。そういうことをずっとやっていくと、やっぱりみんなそこを目指すようになります。

──指導員は、具体的にどのような教え方をしているのでしょうか。

江上 「感性あふれる人を創る」ためには「愛あるおせっかい」が大事だと定義しています。生徒さんが心のドアを閉じているのであれば、ドアを開けてもらえるように何回もノックして“おせっかい”しましょうということです。

 具体的には「気づく、聞く、褒める、楽しませる」ことが大切だと考えています。「気付く」というのは、表情や動作などから生徒さんが何を考えているのか、感じているのか、に気付くこと。「聞く」というのは、生徒さんの言うことにしっかり耳を傾けて、言いたいことを言ってもらえるような環境をつくること。そして、生徒さんが頑張っていることや成長したことをちゃんと承認して褒めてあげること。「楽しませる」というのは、文字通りとにかく楽しんでやってもらうことです。

止まらない退職届、なぜくじけなかったのか?

──教習所の役割や社員の働き方を一新したことで、社内は真っ二つになったそうですね。

江上 正確に言うと「2:6:2」ですね。反対派の2は「何しようとね、大丈夫かこの会社」「あの社長は頭平気か」と。6は「よく分からん」と静観。そんな感じで分かれました。

──反対派の2の方からどんどん辞めていったということですか。

江上 そうですね、反対派がみんな辞めたら、静観していた6が反対派の2になって、また辞めていきました。

──きつい状況ですね。

江上 でも、常識的に考えたらそうなると思うんですよ。だって、法律を厳しく的確に教えるのが大事なんだと20年、30年、言われ続けてきたわけですよ。そこに僕みたいなのがぽんとパラシュートで降りてきて、「そのはしごを降りて、こっちのはしごを登ってください」と言い出した。何も知らない若造がふざけるなと。おまけに全身タイツのかめライダーの格好で出社してくる。この会社やばいぞと思いますよね。

江上社長が自ら経営改革の軌跡を綴った著書『』(ダイヤモンド社)。本記事と合わせてお読みいただきたい


──著書『スーツを脱げ、タイツを着ろ!』に、2013年からの3年間で100人のうち47人が辞めたと書いてありましたが、すごい状況ですね。

江上 地獄絵図でしたよね。最初は週に1回、退職届を受け取っていたのが、途中から週2回になっていきました。毎週、退職者のための寄せ書きを集めるのが新人の仕事になっていましたから。新人はつらかっただろうと思います。

──退職者がそれだけ出て、売り上げが減ってもくじけなかったのは、なぜなんでしょう。

江上 何くそという気持ちもあったんでしょうけど、自分は間違ってないという確信はありました。

 また、山田のように、改革に賛同して支えてくれる社員もいたし、新しい経営理念や方針に魅力を感じて エネルギーのあるたくさんの若い人たちが入社して力になってくれました。今では、新しい経営理念になってから入社した社員が半分ぐらいになっています。おかげで社員の価値観ががらりと変わり、顧客満足度も上がりました。

──社内の雰囲気は相当変わったのでしょうね。

江上 「愛あるおせっかい」がある子たちばかりを採用したので、もう、すごいですよ。例えば誰かが資格試験に合格したとか、部署異動とか誕生日とか、そういうときはお祝いのメッセージカードが飛び交うんですよ。おかげで「この会社、いい人ばっかりいるよね」という感じになってきている。それは本当にみんな口をそろえて言ってくれますね。

*  *  *

 ミナミで働いている社員はみんな楽しそうである。その楽しそうな雰囲気は、多くの若者を引き寄せる。入社3年目の販売促進課・中園もも氏も、ミナミの楽しさに反応した1人だった。

教習所内で開催した「ケーキバイキング」の様子。南福岡自動車学校に通っている教習生だけでなく、誰でも参加できるイベントだ(写真提供:南福岡自動車学校)


 中園氏は元々ミナミの教習生だった。ただ免許が必要だから通っていただけで、入社しようなんていう気はまったくなかったという。

「でも、通ってみたら、働いている人たちがすごく楽しそうで生き生きしているし、館内を『かめライダー』が歩き回っていたりして、一体ここは何なんだと。会社の理念や行動指針にも共感することができ、ぜひ私もここで働きたいと思ったんです」

南福岡自動車学校 取締役 総務部部長の山田康之氏


 そして、ミナミの社員には一体感がある。みんなが「感性あふれる“ひと”を創る」という経営理念に共感し、同じ方向を目指して働いている。その一体感が、仕事の楽しさを創出する大きな力にもなっている。

 本記事の冒頭でかつての社内の様子を語ってくれた山田氏も、「これからの自動車学校は、ドライバーの育成だけに特化していては将来がないと思っていました。だから、社長が打ち出した『人を創る』というビジョンには大いに共感できました」と言う。

 社員は楽しく働けているか、一体となれるビジョンはあるか──? 昨今、働き方改革が唱えられているが、残業時間の短縮、勤務形態の多様化などとともに、忘れてはならない観点ではないだろうか。

筆者:鶴岡 弘之