全米レコード協会(RIAA)がこのほどまとめた、米国のレコード(録音)音楽販売統計(PDF書類)によると、今年上半期(2017年1〜6月)における米国の音楽売上高は小売りベースで40億ドル(約4490億円)となった。

 この金額は前年同期比で17%増。米国のレコード音楽市場は、最近、ストリーミングサービスの成長に支えられ、回復が見られている。しかし、かつて市場で最大のシェアを占めていたダウンロード音楽が、引き続き低迷。米音楽市場の規模は依然、ピークだった1990年代後半の水準から大きく下回っている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ストリーミング、ついに6割に

 今年上半期の売上高のうち、ストリーミングサービスは、前年比48%増の25億ドル(約2806億円)。昨年の統計では、ストリーミング売上高の米レコード音楽市場に占める比率は51%だったが、今回の統計で、この比率は62%に上昇した。

(参考・関連記事)「もはやダウンロード音楽も売れない時代」

 RIAAは、ストリーミングサービスを次の3つの形態に分類しているが、これら3つのサービスは、いずれも売り上げが伸びている。

(1)定額課金制サービス(Spotify、Apple Music、TIDALなど)

(2)インターネットラジオ/衛星ラジオ(Pandora、SiriusXMなど)

(3)広告付きオンデマンドサービス(YouTube、VEVO、Spotifyの無料版など)

 このうち最も売り上げが多く、最も成長が速いのは(1)の定額課金制。その今年上半期における売上高は、前年同期比61%増の17億ドル(約1908億円)。これだけで米レコード音楽市場全体の4割強を占めている。

 そして、その急成長を支えているのは、拡大するユーザー数。今年上半期における定額課金制サービスのユーザー数は3000万人に上り、前年同期の2000万人から1000万人増えた。

 一方、(2)のインターネット/衛星ラジオと(3)の広告付きオンデマンドサービスの売上高は、それぞれ4億9300万ドルと2億7300万ドル。ともに、定額課金制の規模には及ばないが、前年同期から、それぞれ21%、37%伸び、順調に推移している。

ダウンロード音楽、2割下回る

 これに対し、ダウンロード音楽の売上高は、前年同期から24%減の7億5700万ドル(約850億円)。これにより、ダウンロード音楽売上高の米レコード音楽市場全体に占める比率は19%に低下した。

 ダウンロード音楽の売上高は、2015年まで同国音楽市場で最大のシェアを占めていた。その2015年における年間売上高は23億ドルだったが、2016年は18億ドルに低下。今年もこのままのペースで推移すれば、前年実績を下回りそうだ。

CDは3%減、アナログレコードは3%増

 また、物理メディア(音楽CD、アナログレコードなど)の今年上半期における売上高は、前年同期比1%減の6億3200万ドル(約709億円)。その市場全体に占める比率は16%。

 物理メディアの内訳を見ると、売上高の約7割を占めるCDは、前年同期比3%減の4億3100万ドル。一方、アナログレコードは同3%増の1億8200万ドルとなった。アナログレコードの物理メディアに占める売上高比率は、1980年代中盤以降最大の29%を記録した。

筆者:小久保 重信