ミズーリ州セントルイスにあるモンサントの研究所「MONSANT CHESTERFIELD VILLAGE RESEARCH CENTER」(筆者撮影、以下同)


 2017年8月にアメリカ穀物協会から「持続可能性に貢献するアメリカの最新農業技術」を視察しないかとの招待をいただき、視察旅行に参加してきた。アメリカ穀物協会はアメリカ産穀物の輸出振興を行う非営利団体で、毎年日本のメディア関係者を対象とした米国視察を企画している。私以外の参加者は新聞記者3名、雑誌記者1名、大学教授2名、フリージャーナリスト1名であった。

 なぜ私に声がかかったのかというと、日本モンサントが推薦状を出してくれたからだ。私は現役の畜産農家であると同時に、昨年、日本モンサントを取材していた。今回の視察先の1つにモンサント社があることから、モンサントの本社に行ってみないかと誘っていただいたのである(参考「遺伝子組換の総本山、モンサントの本当の目的とは?」)。

 そういうわけで、今回から4回にわたって、私が見たアメリカ農業の姿について書いてみたい。まずは視察1日目のモンサント社訪問から書いていこう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

モンサントの使命は人口増加に立ち向かうこと

 訪問したのは、ミズーリ州セントルイスにある「MONSANT CHESTERFIELD VILLAGE RESEARCH CENTER」、要するに研究所である。

 受付を通るとピロティがあり、モンサントの事業や主張を表現するオブジェがいくつか置かれている。個人的に感心したのは、液晶掲示板で変わっていく人口増加のメッセージだった。

 曰く、
「1日でセントルイスの人口」
「7日でトロントの人口」
「30日でデリーの人口」
「1年で日本の人口」
が、世界で増えているという(下の写真)。

 内容は深刻だが、日本という単語が出てきてなんとなく嬉しかったのは、私が日本人だからだろう。

世界の人口増を示すオブジェ。人類は1年で日本の人口分増えている


 程なくして、男性が1人やってきた。モンサント社グローバル・コーポレート・アフェアーズ部門副社長、フィリップ・ミラー博士である。我々を歓迎し、モンサントの使命について話してくれたのだが、まさにモンサントのブライドと苦衷を率直に語っていただいた。以下が、ミラー博士が話してくれたことの概略である。

<モンサントの使命は、2050年100億に達する人口に立ち向かうことであり、そのためにはイノベーションによって生産者と共に気象変化(地球温暖化を指す)に立ち向かい、環境の維持管理ができなくてはなりません。>

<農業の生産性を向上していかねばなりませんが、生産者は大規模生産者だけではありません。小規模生産者も大事です。なぜなら地球の環境は多種多様であり一企業で対応できるようなものではありません。したがって必要なイノベーションも多種多様であり、モンサントもイノベーションを担う一部に過ぎないのです。>

 質問が飛ぶ。

「モンサントは温暖化など地球環境の変化をビジネスチャンスだととらえているのですか?」

 答えはイエスである。

フィリップ・ミラー博士


遺伝子組み換え作物に関する「誤解」との戦い

<私たちはモンサント社を種子の会社だと思っていますが、世間では食卓を担う会社だと思われています。>

 この言葉に、モンサントの苦衷が現れている。遺伝子組み換え作物に関しては、日本やヨーロッパでは抵抗感が大きく、その抵抗感は大きくは改善されていない。アメリカにおいては比較的抵抗は少なかったが、近年は遺伝子組み換え反対論者が以前よりは力をつけてきていることが背景にあるのだろう。

 モンサントが多くの誤解や悪意ある批判にさらされているのは、この世界を知る人には常識である。典型的なデマは、モンサントの人は遺伝子組み換え作物を食べないとかいった類いの話だ。そんなデマを気にしているせいだろう。この後、多くのモンサントの幹部社員の話を聞いたが、「私だって遺伝子組み換え作物をいつも食べています」「私も人の親です(危険な食品なら、私が子供に食べさせるわけがないでしょう?)」と、遺伝子組み換え作物は安全だから食べていると説明する社員が何人もいた。

 もっとひどいデマになると、遺伝子組み換え作物に導入される「Bt毒素」が人間にも害だと主張する人までいる。虫に悪けりゃ人間にも悪いという理屈なのだろうが、専門文献をひもとけば、Btが人間に毒性があると書いてある本は1冊もない。大多数の昆虫にも無害だ。「毒性があるのは鱗翔目の昆虫に対してのみである」と書いてある文献しか私は読んだ覚えがない。要するに、批判者は専門文献一つ読まず、あるいは無視して、自分の思いつきが正しいと考えてデマを拡散している。

 遺伝子組み換え作物の安全性については、昨年の連載の中で書いたのでここでは触れないが、専門家が素人向けに書いた本などを読むと、高校で「生物機廚鰺修した人なら普通に分かるように書いてある。にもかかわらず、この程度のデマが通用していることに「日本の教育ってなんだろう」と個人的に思ったりもするが、それは私が無名の一個人だから言えること。モンサントにはそんなことは口が裂けても言えないだろう。

 もちろんモンサントも懸命に誤解を解こうとしている。従業員2万人のうち5000人に達する科学者たちは、地域の一員として、あるいは自分も人の親であるということで、学校などで遺伝子組み換え作物の安全性をことあるごとに説明している。その他の社員もおそらく同様だろう。

 また、社会で信用されている人たちが認めてくれたらモンサントの活動も認めてもらえるかもしれないと、メディアのほかに小児科医にアピールしていたこともあったそうだ。

 主要顧客である農家から絶大な支持を受けているのに、その農家が作る商品を消費する消費者の一部から悪の権化みたいに言われる。これには、ほとほと困っている。それがモンサントという会社なのだ。

 モンサントは農業にフォーカスした会社だが、決して遺伝子組み換え作物ばかりを作っているわけではない。遺伝子組み換え技術を使わない育種も多数行っているし、作物を保護する微生物の活用や、次回に述べる気象情報システムなど、自分たちが農業に貢献できることは何でもやろうとしている。

 ちなみに今話題の「ゲノム編集」に関しては、巷ではいろいろな可能性を取り沙汰されているが、今なお「可能性のある技術」だとしながらも、何ができるのかは「これから」というのが実態のようだ。

地球温暖化防止に貢献する取り組み

 モンサントは農業のみならず、社会全体に貢献することも忘れていない。

 その典型は、顧客農家と協力して二酸化炭素(温室効果ガス)を極力出さない「カーボンニュートラル農法」を推進していることだ。2021年までに農業から発生する温室効果ガスをCO2換算で330万トンをオフセット(訳しにくいが、現状よりも削減方向に持っていくという意味)にもっていく目標を立てている。

 具体的な方法としては、土壌を健康に保つため不耕起栽培や作物が植わっていない時期の被覆作物(土壌の流亡を防ぐために土壌を被覆する目的で植えられる作物)栽培、およびハイテク農業技術を駆使して、普通なら大気中に放出されるCO2を有機質の形で土の中に留め、蓄積する。

 また、「The World Business Council for Sustainable Development」(WECSD:持続可能な開発のための世界経済人会議)という35カ国170企業が参加する国際的組織にも参加し、農業分野の温暖化防止策などを実現する取り組みをリードしている。

 もっとも、世界的な大企業であるモンサントの最先端技術をいろいろと見せてもらったが、個人的には、日本よりもはるかに進んでいるといった印象は持たなかった(ただし、1つだけ、今のままでは絶対に日本企業はモンサントにかなわないと思えることもあった。それについては次回、述べていこう)。

科学博物館の農業展示が大人気

 最後にもう1つ。モンサントは農業の啓蒙活動にも力を入れている。セントルイス科学博物館はモンサントの資金を得て、農業(食料)のコーナーを作った(運営は州政府や軍の資金で賄われる)。トウモロコシや大豆、コメ等を実際に栽培してあるほか、養液栽培されている作物を引っこ抜いて根を見ることもできる。地域の土壌の断面から家畜の体内の仕組み、地域の農産物などが趣向を凝らした見せ方で展示されている。トウモロコシ用の真新しい大型コンバインまで展示されていて、運転席に座ることもできる。博物館の展示用にコンバインまで買ったのかと聞くと、地元の農家から借りているそうである。

 訪問した日は学校の夏休みか終わって2日目というタイミングであったため、比較的空いていたが、夏休み中の混雑は大変なものだったらしい。

 同博物館は宇宙や建設、あるいは超大型のピタゴラ装置など、多くの展示を行っている。入場者は年間100万人ほどだが、そのうち4分の1が農業展示を見に来るというから、農業展示はとても人気がある。

セントルイス科学博物館の農業展示館、作物栽培などは屋外で行われている


 セントルイスの中心街から30分もクルマを走らせれば大豆やトウモロコシ畑が広がっているのに、セントルイスの子供にとっては農業や自然は身近なものではないようだ。日本も似たようなものだが・・・。

 学芸員氏によれば、実は一番子供にウケたのはこうして展示ではなく、たまたま植えられていた花にどこかからやって来た蜂が止まって蜜をすするところだったという。多くのアメリカ映画で見られるような、芝生の庭を持つ家が立ち並ぶセントルイスで、蜂が蜜をすするのが珍しいのとかと個人的には薄ら寒いものを覚えたが、それだけ都市住民は農業や自然への理解が浅く、モンサントはそうした状況を問題視して博物館に資金を出しているのだろう。モンサントの問題意識は、確かに都市住民の理解を進めるのに役立っているようだ。

筆者:有坪 民雄