「大統領選に出馬しようと思っている。その時は君が広報官だから」

 ホワイトハウスの新しい広報部長に任命されたホープ・ヒックス氏(28:以下ヒックス)が、ドナルド・トランプ大統領(以下トランプ)にこう告げられたのは2015年1月のことである。

 トランプが正式に大統領選に出馬表明する半年前である。ヒックスはその時からトランプの側にいた人物であり、イヴァンカ夫妻を除けば、現政権内の高官としては最も長くトランプに仕えている側近だ。

 当時、まだ26歳。若いヒックスがなぜトランプに重用され、広報部長にまで上り詰めたのか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

若くて美しいだけではない魅力

 元モデルであり、美麗な容姿がプラスに働いたことは容易に想像できるが、数百人単位の記者たちを相手に、政権内の情報発信の責任を負う芸当が本当にできるのか。

 筆者がホープ・ヒックスという名前を最初に耳にしたのは2015年秋のことである。

 トランプはすでに、共和党候補の中では支持率でトップに立っていた。だが多くの人は、選挙戦から脱落するのは時間の問題と考えていた。言動が荒く、脆弱に見えたからだ。

 それでも勢いのある候補を取材しないわけにはいかない。調べると、ヒックスという若い女性が選挙対策本部の広報担当者であることが分かる。メールアドレスを得て、すぐにメールを送った。

 米国人記者だけでなく、世界中の記者たちから毎日数え切れないメールを受信していることは想像できた。だが、トランプ本人に直接、話を聞くことは重要であり、最初の窓口がヒックスだった。

 メールのタイトルや文面を変えて何本も送ったが全く返事はなかった。後で分かったことだが、当時、毎日平均250本のメールが内外の記者からヒックスのもとに舞い込んでいた。

 ヒックスは、会ったことも聞いたこともない日本人記者に返事を書く余裕はなかった。

 選挙中、トランプを追い続けた米記者は「一度ヒックスを知ると、彼女が丁寧で誠実で、とても忍耐強い人であることが分かると思う」と言ったが、残念ながら筆者はそこにたどり着かなかった。

 今後、広報部長として日本でもヒックスの名前は頻繁に登場するはずである。いったいどういう女性なのか、そのあたりから記していきたい。

 ヒックスは1988年、米東部コネチカット州で生まれている。幼少の頃から姉ともども目立つ存在で、11歳の時にはラフルローレンのティーンモデルに起用されている。ファッション誌の表紙もたびたび飾っていた。

部活動では浮いていた存在

 大学はテキサス州にあるサザン・メソジスト大学に進学し、英語を専攻している。在学中、ラクロス部で汗を流したが、そこでは少し浮いていたという。

 同部コーチのカイリー・バーチェル氏が米誌に語っている。

 「ラクロス部では選手に禁酒を言い渡していたのです。誰も厳格に守らなかった中で、ヒックスだけが禁酒ルールを守っていました。他の選手にしてみると、いい子ぶっていたわけですが、リーダー的な役割を担っていたのは確かです」

 卒業後はニューヨーク市にある広告代理店に就職。2年後の2012年、同市にある「ヒルツィク・ストラテジーズ」という別の広告代理店に転職している。

 広告代理店にこだわるのは、父親が首都ワシントンに本社のある広告代理店の社長をしているせいである。

 ヒックスはヒルツィク・ストラテジーズで、イヴァンカ・トランプ氏と出会う。同社がイヴァンカのファッションブランドの広告・広報を担っていたからだ。

 イヴァンカは7歳年下のヒックスの仕事ぶりと人柄が気に入り、トランプ・オーガニゼーションに引き入れる。2014年のことである。

 トランプタワーが勤務先になると、ヒックスは必然的にトランプ本人と顔を合わせるようなる。てきぱきと事務をこなし、広告・広報活動にも真面目に取り組むヒックスを、トランプはすぐにもう1人の娘のように感じたのではないか。

 けれども、ヒックスは新しい仕事場に慣れても、トランプと馴れ合いにならなかった。

 米国では親しくなれば、年齢に関係なくファースト・ネームで呼び合うことが多いが、ヒックスは今でもトランプを「サー」か「ミスター・トランプ(トランプさん)」と呼んでいる。

 2015年6月にトランプが大統領選への出馬表明をした後も、ヒックスは選対本部の広報官とトランプ・オーガニゼーションの仕事を兼務していた。2016年冬、予備選が始まると選対本部での仕事は忙しさを増した。

トランプに心酔し広報官に

 ヒックスはトランプから、広報官に専任するか、トランプ・オーガニゼーションの仕事に残るかの二者択一を迫られた。

 ヒックスは自身が政治の世界で生き抜けるとは思わず、最初はトランプ・オーガニゼーションでの仕事を選んだが、トランプから選対本部に残るように翻意される。

 ヒックスの心中には、トランプが共和党レースを勝ち残れたとしても本選挙で民主党ヒラリー・クリントン候補に負ける公算が大きいとの思いもあったのではないか。

 しかし、ヒックスは「トランプさんはスターですから」と、すでにトランプに心酔した発言した通り、そのまま追随していく。

 選挙が始まると、1週間の5日ほどはトランプと飛行機で全米の遊説先を回った。その間、記者から送られてくる日々平均250件のメールを選別し、取材依頼に優先順位をつけていく。

 さらにトランプのツイッターを発信するため、トランプのつぶやきを口述筆記する役割もこなした。

 トランプはそんなヒックスに、選挙中、特別な扱いをした。

 ニューヨークの5番街にあるトランプタワーの一室をアパートとして使わせたのだ。どれほどトランプがヒックスを可愛がっていたかの表れだ。

 トランプが大統領選に当選後はヒックスのために新しい役職が創設された。「戦略広報部長」である。

 政治・経済分野での政策立案や外交問題の知識や経験はほとんどなかったが、「戦略的に広報活動を担う」高官になったのだ。今年6月に発表された年俸によると、ヒックスの年俸は17万8700ドル(約1965万円)である。

28歳でホワイトハウス広報のトップに

 しかも8月31日に解任されたアンソニー・スカラムチ前広報部長の後任として、今後はホワイトハウスの広報のトップに立つ。

 それは何も、ヒックスが誰よりも巧みな広報戦略を打ち出せるからではない。むしろ「棚ぼた式」に転がり込んできた役職とも言える。

 日々のブリーフィングでは相変わらずサラ・ハッカビー・サンダース報道官が記者の質問を受けている。

 ヒックスは広報の仕事をしていながら、いまだに人前で話をすることには躊躇があるようだし、選挙中もほとんど人前で話をすることはなかった。

 広報部長という大役に、本人が最も違和感を覚えているかもしれない。ただイヴァンカ以外でトランプの感情の起伏や、何を求めているかを察知できるのはヒックスだけだと言われている。

 ホワイトハウスでは、「ヒックスだけは誰も触れない」「彼女は大統領の精神的な支柱」と言われるように、トランプとの個人的な絆が強い。

 ヒックスは今後もトランプが寵愛する高官として、さらに解任される可能性が極めて低い高官として、トランプの側にい続けるはずである。

筆者:堀田 佳男