物流のベンチャー企業、CBクラウドが展開する宅配受託サービス。宅配便の値上げでEC企業からの引き合いが急増している(記者撮影)

平日の夕方、都内の住宅地では見慣れないロゴマークをつけた軽ワゴンからドライバーが宅配便の荷物を選び出していた。

このドライバーは、2013年設立のベンチャー企業「CBcloud」(CBクラウド)が手掛ける宅配受託サービスのドライバーだ。昨年12月に開始したサービスだが、ネット通販を中心に引き合いが急増している。

CBクラウドは元々、荷主と軽貨物ドライバーのマッチングサービス「Pi ckGO(ピックゴー)」で先駆的な存在だが、なぜ宅配受託にまで乗り出したのか。背景には、人手不足の深刻化で宅配便の送料値上げが相次ぐ中、物流コストと配送品質を維持したい、荷主のニーズの高まりがある。

宅配便の値上げで宅配受託の引き合い急増

ヤマト運輸や佐川急便に続き、9月に日本郵便も宅配便「ゆうパック」の基本運賃を来年3月から平均で12%引き上げると発表した。大手3社でシェアは9割を超えるため、大口荷主への影響は必至だ。

EC事業者の中には宅配便大手に頼らず、自社物流網の構築に乗り出す動きが出てきている。あるミネラルウォーターの販売会社は、これまでヤマト運輸や佐川急便に配送を委託してきた。定期購入者向けには一部地域を除き送料無料としてきたが、2社からは数割の値上げを予告されたため、CBクラウドに駆け込んだ。今夏から都内の一部地域で同社の宅配受託サービスを試験的に運用している。

ほかにも同社に相談を持ちかける企業が増えており、現時点で多くの引き合いがあるという。CBクラウドの松本隆一CEOは「宅配受託の需要は今後1年で5倍程度に拡大する」と見込む。

同社への依頼が増えている理由はそれだけではない。

CBクラウドを利用すれば、配送効率を高められる。たとえば、ドライバーが複数の荷物のバーコードを読み込むと、効率的な道順がスマホの地図上に表示される。受け取りサインも電子化した。配送効率が高まればコスト削減につながる。

また宅配を担う従来の物流会社は荷主の荷物量に応じて柔軟に車両の台数を変更することが難しかった。結果として荷主は荷物がない時に車両を遊ばせることになり、物流コストがかさむ要因になっていた。CBクラウドが提供する宅配受託サービスを使えば、必要な時間帯に必要なだけ車両を使うので、無駄なコストを省きつつ、配車できないリスクも解決できる。同社によると、全体の物流コストが2〜3割削減できるケースもあるという。

ドライバーにとって最大のメリットは待遇が重視された報酬制度にある。ヤマト運輸や佐川急便など宅配大手は宅配便の配達を自社のドライバーだけでは賄いきれず、外部の物流企業に委託している。末端の事業者は配達を完了してはじめて手数料を受け取るが、「1個当たり130〜150円程度」(業界関係者)と言われるように、非常に低い。仮に1日100個配達しても収入は2万円に満たず、ガソリン代や維持費を払うことを考えると、利益はほとんど出ない。

そこで、CBクラウドは宅配受託を始めるにあたり、ドライバーが受け取る手数料を「配達個数ベース」ではなく「時間ベース」とした。これは荷主と時間単位のチャーター制で契約する仕組みだ。仮に不在配達となっても、そのリスクは荷主が負い、ドライバーには働いた時間分の料金が支払われる。CBクラウドは荷主から受け取る手数料を10%に抑え、ドライバーが受け取る報酬として、時給換算で2000円を目指している。

宅配受託のドライバーは、マッチングサービスのピックゴーに登録したドライバーの中で公募して決める。荷主からの要望があれば面接も実施する。現在、50〜60人のドライバーが稼働中だ。3社の宅配受託を担う三村直人ドライバー(33歳)は「不在配達の不安がなくなった。宅配便の仕事の下請けをしていた時と比べて収入が安定した」と話す。

3分以内にドライバーから応答が届く

ピックゴーも宅配受託と同様に、ドライバーの待遇や配送効率を重視したサービスだ。

ピックゴーで配送が成立した場合、CBクラウドが荷主から受け取る手数料も10%だ。サービスに登録できるのは軽貨物運送事業者の個人ドライバーだけで、物流業者の登録は認めていない。マッチングのスピードが遅くなることや、余計な中間マージンが発生しドライバーの待遇改善に直結しないとの考えがあるからだ。ドライバーの中には、ピックゴーで仕事を直接受けることで、2割ほど報酬が増えた例もあるという。

一方、荷主にとってのメリットはやはり業務の効率化だ。依頼する荷物は建設用の管材、リフォーム資材、印刷物などさまざまだが、鮮度が命の食品もある。即座に荷物を運んでほしいという「緊急配送」のニーズも高く、配送業者を見つける時間は極力減らしたい。

ピックゴーの場合、荷物の種類や量、配送先や配送日時をウェブサイトに入力すると料金が自動で計算されるため、見積もりの手間がない。依頼が登録されると、1800人ものドライバーのスマホのアプリに仕事内容が通知される。そこで、仕事を受けたいドライバーがエントリーし、荷主がドライバーを決める仕組みだ。大半のケースでは依頼から3分以内にドライバーから応答が届く。荷主はドライバーのコメントやほかの荷主の評価を見てドライバーを選ぶ。


ピックゴーのマッチングのデモ画面。荷主はエントリーしてきたドライバーの評価やコメントを見て、ドライバーを選ぶ(撮影:梅谷秀司)

ピックゴーによる配送マッチングや宅配受託を使えば、荷主はコストを抑制でき、ドライバーは手取りを増やせる。CBクラウドは手数料を受け取る。まさに「3方よし」のサービスだが、課題はないのか。

一つはドライバーの質の担保だ。ピックゴーは、軽貨物自動車運送事業の免許があれば誰でも登録可能で、現在、毎月200人ずつ増えている。会社設立時の事業計画書では2019年までに1万人の登録を目指しているが「前倒しになる可能性もある」と松本CEOは話す。最近では新しくドライバーを始めたいという、独立希望者からの相談も増えている。

ただし、物流業界の経験がない人まで登録するようになれば、定時での配達や荷物の取り扱い、顧客への対応などで配送品質が落ちるリスクがある。そこで、CBクラウドはドライバー向けの研修体制を準備中だ。

ドライバーの理解を確認しながら研修を進められるeラーニング(インターネット学習システム)が候補になる。より慎重な取り扱いが求められるような荷物を運ぶ時には、eラーニングで一定の点数を取らないと運べないようにすることも検討する。また、ドライバーの経験が浅い人には、ほかのドライバーが運転する車に同乗するプログラムも用意する方針だ。

仕事の幅を広げ、魅力を高められるか

もう一つはドライバーの仕事の魅力をどう高めるかだ。今は働き方の自由度や報酬体系が魅力となり、既存のドライバーを惹きつけている。しかし、運ぶ荷物は既存の宅配会社や運送会社が取り扱うものと大差はない。仕事量が増える一方、仕事の本質的な魅力を高めない限り、ピックゴーに魅力を感じてせっかくドライバーになった人も定着しない。


松本隆一(まつもと りゅういち)/CBクラウドCEO。1988年沖縄県生まれ。高校卒業後、航空保安大学校を経て国土交通省に入省。2013年に退省し、同年CBクラウドを設立。社名のCBクラウドには「積乱雲」の意味があり、積乱雲のように急速に成長したいという目標とクラウドサービスをかけあわせた(撮影:梅谷秀司)

そこで、CBクラウドは今年8月からピックゴーを個人向けにも展開し始めた。個人が配送日時や行き先を指定してドライバーを募り、価格も交渉する。従来は個人が自由に依頼できる配送手段は限られ、価格も硬直的だったところに商機を見出したのだ。

新サービスでは、単身の引越しやフリマアプリのメルカリなどの市場拡大で増えている、家具の配送などの需要も取り込む。さらには家具の組み立てやパソコンの設定などの業務も追加できるようにする。松本CEOは「仕事の幅を広げることで、ドライバーのやりがいを高めていく」と話す。

ITを活用し、従来と異なるモデルで急成長するCBクラウド。アナログの仕組みが蔓延し、課題山積の物流業界に新風を吹き込めるか。ドライバーと荷主の双方にとって魅力あるサービスを磨き続けることが、成功のカギになりそうだ。