「黒焦げよ、さようなら。」食卓に引っ張りだこなホットプレート

写真拡大 (全12枚)

アイリスオーヤマから「こんなのが欲しかった!」となること請け合いのホットプレートを見つけました! しかもとってもお手頃価格。知らない間になんだかスゴイ進化を遂げたホットプレート事情を探ってみました!


U1万円のお宝発見!
左右独立型のホットプレート



ホームセンターやAmazonでおなじみのアイリスオーヤマは、1万円以下で暮らしを楽しくしてくれるプチプライスな生活家電を多数販売しています。今回はそんなアイリスから、2種類の料理を一度に楽しめて、かなり使える欲張りなホットプレートを発見!



アイリスオーヤマ
両面ホットプレート DPO-133
実勢価格:7303円

こちらの「両面ホットプレート」は、左右ににプレートが別れているので、同時に別々の料理ができます。

これだけでも「おおっ!」となりそうですが、すごい所はそれだけじゃありません。なんと熱源ごと独立しているので、左右で温度設定を変えられるんです。これが結構使えます。

たとえばこんな感じ。



左でたこ焼きを作り、右で保温する、なんてことが可能に! いつまでもコゲることなく、アツアツで料理を楽しむことも可能です。


他にも2面焼きができる製品がないか探してみました。すると、これがヒット。



クイジナート
マルチグルメプレート GR-4NJ
実勢価格:8200円



あくまでこちらは「挟んで焼く」ことがメインのようですが、180°に展開して2面ホットプレートとしても使えます。熱源は1つですが、こっちも魅力的です。

ホットプレートとしてはどっちがいいのでしょうか。試しにサーモスカメラで立ち上がり速度を計測してみました。


[アイリス]


6分で使用可能な熱さに。


[クイジナート]


クイジナートは8分。アイリスの方が速いです。

今度はそのまま色の変化がしなくなるまで待ち、温度のムラを比較してみました。


[アイリス]


アイリスは均一!


[クイジナート]


ムラになってます。右上が温度が高いみたいです。

最後に、プレートのバリエーションを見てみます。


[アイリス]


一般的な平面プレート、ちょっと凹凸があるプレート、たこ焼きプレートの3種。


[クイジナート]


こちらは平面と凹凸のある面がリバーシブルになっています。2種類ですね。
アイリスがたこ焼きプレートもある分お得と言えるでしょう。

ホットプレートとしての性能も、使い勝手もアイリスの「両面ホットプレート」は頼もしい存在みたいです! これなら普段使いにはもちろん、パーティーを盛り上げるのに、一役買ってくれそうです。バリエーション豊富なグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?



360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。