これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。
監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。
あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。
しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。
作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。
「希望の党」前編 - YouTube

「希望の党」後編 - YouTube

選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。
この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?
【9月27日13:40追記】
小池新党「希望の党」の公式PR動画が公開されたので追記します。上記作品と呼応するかのような内容、緑のイメージカラーなど、コラボレーションが疑われるレベルで共通点を感じられるものになっています。
【公式】希望の党 - YouTube

なお、「希望の党」の設立を公表した翌日という早すぎるタイミングで公開されたことから、「希望の党」の旗揚げが十分に時間を持って計画されていたことは間違いありません。実際に「希望の党」という名称は2017年2月の段階で商標登録の出願を小池都知事本人が行っています。

【【追記あり】12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に】を全て見る