“BEWARE of the DOG”は「猛犬注意」を意味する英語。

この表示を見たら注意が必要ですが……どう見ても「看板に偽りあり」と感じる例をご紹介します。

 

Some “Beware Of Dog” Signs Might Be “A Bit” Misleading

1.

イラストと全然違うトイプードル。

2.

たしかにレトリバーだけど、優しそうな顔。

3.

やる気の感じられない猛犬。

4.

もっとやる気の感じられない猛犬。

5.

ちっちゃ!

6.
[画像を見る]
よしよししたい……。

7.
[画像を見る]
犬ですらない……。

8.
[画像を見る]
こちらも猫。

9.
[画像を見る]
そんなに見つめられても。

10.
[画像を見る]
「猛犬注意」の下に小さく「猫も同じくらい、うさんくさいよね」

11.
[画像を見る]
ヤギだし!

12.
[画像を見る]
ヘラジカ!?
下手な犬よりよっぽど怖いです。


もちろん、小さくても攻撃的だったり、たまたま危険な犬が姿を現してないこともあるので、実際に表示を見かけたら油断は禁物です。

以前ご紹介した、こちらもどうぞ。
(「猛犬注意」の看板はあるけれど…どう見てもかわいい犬たちの写真いろいろ)

【「猛犬注意」の表示はあるけれど…何か間違ってると思う例いろいろ】を全て見る