25日、韓国・スポーツソウルの記者が、韓国サッカーに対する日本の関心が激減していることに危機感を募らせた。写真は韓国の国旗。

写真拡大

2017年9月25日、韓国・スポーツソウルの記者が、韓国サッカーに対する日本の関心が激減していることに危機感を募らせた。

韓国代表は先日グループ2位でW杯ロシア大会への出場を決めたが、試合内容の不振に失望したサッカーファンらからは「フース・ヒディング監督の再登板」を熱望する声が出ている。韓国とは対照的に、日本ではグループ1位で本大会への切符をつかんだバヒド・ハリルホジッチ監督を評価する声が高く、有名スポーツ誌で「ハリルホジッチの勝利」と大々的に特集記事を出すほどだ。

この温度差に、同記者は「韓国サッカーに対する日本の関心が急激に減少している」と警鐘を鳴らす。かつて日本メディアは韓国サッカーのことをかなり気にしており、新聞には試合結果が、専門誌には頻繁に韓国代表レポートが掲載されていたそうだ。特に2002年のW杯以降、その流れは一層強まり「韓国サッカーに関する記事を日本の新聞や雑誌に寄稿することも多かった」と話す。

しかし最近では記事の依頼も激減し、出版社や新聞社に「記事を書きたい」と要請してもいい答えを聞くことができないのが現実だという。以前は「勝っても負けても韓国を見て学べ」という雰囲気が漂っていた日本だが、今では韓国より中国などのサッカーが話題になっており、あるサッカー誌では「タイサッカー特集号」も発刊している。つまり、日本は韓国をこれ以上ライバルとして考えておらず、「荒っぽくて面倒な相手」レベルに考えているというのだ。待遇の変化を受け、同記者は「日韓サッカーが対等になったとみることもできるが、関心が薄れて『無関心』に転落してしまうと思うと鳥肌が立つ」と胸中を吐露している。

「誤解を招くかもしれないが…」と前置きし、「韓国サッカーは日本という宿命のライバルがいたからこそ発展することができた。日本に勝つことでその存在意義を証明してきた。日本の存在が韓国サッカーの発奮要素であり、それは日本も一緒だった」と話す同記者は、最後に「しかし今、日本は韓国サッカーを意識しないどころか見向きもしない。韓国サッカーは限りなく厳しい現実に直面している」と韓国サッカーが重大な局面を迎えていることを伝えた。

これを受け、ネットユーザーからも「気分は最悪だけど認めざるを得ない」「今、韓国のサッカー界は総体的な難局を迎えている。監督の選任もミスったし、選手も目の前しか見てないし、何かあるとすぐたたくメディアと世論も問題」など記事内容に賛同するコメントが上がり、大韓サッカー協会に対し「現実を直視できないサッカー協会」「協会を全員辞めさせろ!」などの非難の声や「大韓サッカー協会をたたき直して未来のための投資を積極的にすべき」と求める声が相次いでいる。

その他にも「国民ですら関心がないのに、隣国(日本)が関心を持つとでも?」「日本戦の時だけ『絶対負けてはならない』と意気込むのはもうやめようよ」「日本もいい状態には見えないけど、韓国が地下より下の地下水まで掘り下がった状態だから…」と皮肉交じりのコメントも数多く寄せられ、中には「韓国が日本とライバルだなんて、日本に申し訳なさ過ぎる!」と謙遜するユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)