ウェストハム監督解任へ…後任は前ドルトムント指揮官?

写真拡大

『The SUN』は24日、「ウェストハム・ユナイテッドは、監督交代を検討している」と報じた。

2015-16シーズンには好成績を残し、大きな注目を集めたウェストハム。しかし、オリンピック・スタジアムに移った昨季からは不調が続く。

今季も開幕から6試合で1勝1分け4敗と結果が出ておらず、監督を務めるスラヴェン・ビリッチの首も危うくなっている。

クラブは既に彼の後任となる監督をリストアップしており、解任に備えているとのこと。

現在検討されているのはトーマス・トゥヘル(フリー)、マウリツィオ・サッリ(ナポリ)であるとのこと。

他にはデイヴィッド・ワグナー(ハダーズフィールド)、スラヴィシャ・ヨカノヴィッチ(フラム)ら、イングランドで指導している者もリストに入っているようだ。

この後は30日にスウォンジー・シティ戦を控えているウェストハム。その後はインターナショナルマッチウィークに入るため、この試合での結果がビリッチの首を左右しそうだ。