「あんたま」(左から鈴木あんずと白藤環)/画像は岩本町芸能社公式Twitter(@rbc_geino)より

写真拡大 (全2枚)

8月の「コミックマーケット92」終了後に注目を集めた岩本町芸能社から、所属VRアイドルの「あんたま」こと鈴木あんずと白藤環のCDデビューが決定した。

【コミケの失敗からCDデビュー決定 岩本町芸能社の逆転劇を振り返るの画像・動画をすべて見る】

失敗に終わったコミケ出展を経て、「9月中にTwitterのフォロワー1万人を条件にしたデビュー」を目指して再スタート。

9月24日に行われた体験会中に1万人を達成した。

失敗からデビューに向けた最後のチャンス



開幕直前まで「ブース名:プロジェクト名未定」として記載されたブース内容、前日にオープンした情報量の少ない公式サイト。

にも関わらず、「コミケ期間中にフォロワー1万人でデビュー」を掲げた岩本町芸能社。しかしその挑戦は、400人という結果であっけなく失敗する。

当時、KAI-YOU.netでは担当マネージャーの丸茂さんを直撃。VRアイドルとしての計画や概要、期間中にTwitterで繰り広げた口論など、発端から経緯までの話を聞いていた。

その段階では、プロジェクトの今後について、「スポンサーと現在交渉中です。鈴木あんずと白藤環も、とても良い子たちなので、絶対にデビューさせたいと思います」としていた。




その後、8月25日に公式Twitterから発表されたのは、条件付きのメジャーデビュー。コミケ後に複数のレコード会社にアプローチした中でつかんだチャンスだ。




3日後の28日からは、「あんたまが行く! 全国行脚」と題したVR体験イベントを開催し、その模様をSHOWROOMやYouTubeで配信。翌日にはフォロワーが7,000人まで増加した。

合わせて、東京・秋葉原の書泉ブックタワーやUDXでも、継続的に体験会を実施。以降、ほぼ毎日のように、全国各地を訪れる姿がTwitterに投稿されていった。

デビュー決定でアイドル研究生からアイドルへ


全国行脚は一時中断となってしまったものの、東京や千葉での体験会は継続。そして、9月24日のイベント中、ついにフォロワー1万人を達成した。


コミケから1カ月少しという短期間ではあるものの、着実にファンを増やしていったあんたま。


これまでにも多くのイラストが寄せられたほか、今回の目標達成に合わせて、一部のファンからは記念楽曲も贈られている。

具体的なデビュー時期などの詳細は明らかではないが、今後のアイドルとしての展開が注目される。