「TA50」=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は25日防衛事業推進委員会を開催し、戦術入門用訓練機の追加確保について審議、議決したと発表した。

 戦術入門用訓練機は空軍のパイロットを養成するための航空機。現在は韓国製の高等訓練機「TA50」が使用されている。

 委員会では機種の特定は行われなかったが、国内で購入することを決めたことから、同じTA50を追加で購入するものとみられる。

 防衛事業庁は「今回の委員会では国内の技術水準と戦力化の時期、経済的効果などを考慮し事業推進方法を国内購入とすることで審議、議決した」とし、「2019年に事業に着手する予定」と説明した。訓練機が追加確保されれば、パイロットの訓練回数が増え、今後投入されるステルス戦闘機「F35A」や、韓国国産戦闘機(KFX)などの最新機への対応も円滑に進むという。