八代亜紀、クリスマスにビルボードライブ大阪で八代流ジャズ・ライブを開催

写真拡大

 ジャンルや世代を超えて多くの人々を魅了し続けるシンガー、八代亜紀がクリスマスにビルボードライブ大阪で公演を開催することが決定した。

 熊本県出身でクラブ歌手を経て、1971年に演歌歌手としてデビュー以降、「なみだ恋」「舟唄」など数々のヒット曲を記録させ、「雨の慕情」ではレコード大賞・大賞を受賞。演歌歌手として第一線で活動するなか、デビューから42年目を迎えた2012年に元ピチカート・ファイヴの小西康陽をプロデューサーに迎え初の本格的なジャズ・アルバム『夜のアルバム』をリリース。「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」などのジャズ・スタンダードから歌謡曲までをハスキー・ヴォイスでしっとりと歌い上げヒットを記録した。

 そして今年、5年ぶりにリリースする本格ジャズ・アルバム第二弾『夜のつづき』を携えて12月25日のクリスマスにビルボードライブ大阪に登場する。チケットはClub BBL会員が10月18日から、一般ゲスト会員が10月25日からそれぞれ予約開始となる。

◎公演概要
【八代亜紀
 A Christmas Evening with AKI YASHIRO】

ビルボードライブ大阪
2017年12月25日(月)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/